« 台鉄便當 | トップページ | 基隆、廟口夜市のワンタン麺 »

2023年8月 9日 (水)

卍のカレーラーメン

2023年5月18日

戻りの台北では台北駅南側に泊まっていました。

前回泊まった、嘉榮青年旅店のある台北駅北側との比較をしようという思いがちょっとだけはありました。台北駅の南側はやはり活気があります。街の様相も全然違いますね。

チェックイン後に宿周辺を散歩し、なんとなく朝食をとれそうな店をチェックします。台北駅北側と違って店は簡単に見つかります。これなら安心と翌朝繰り出します。

Trc0713

宿の前が麺線の店で、ひと安心したのですが、やってません。どうやら、昼から夕方にかけてみたいでした。

宿の並びは、外帯<*1>のサンドイッチ屋などが多く、気乗りしないもののカフェで済ますかと思ったとき、こんな店が見つかりました。

どういうわけか、卍の印があります。なんか厳しい掟みたいなものがあるのかと思いましたが、入ってみます。

Trc0708

見事に客がいません。でも、この手の店にしてはものすごくきっちりした感じです。

Trc0709

この注文票もテーブルごとに番号が振ってあるんですよね。それは赤の水性ペンで書かれています。さらには、外帯用の注文票は青の水性ペンで「外」と書かれていました。

まだ早い時間だからか、若そうな女性一人で切り盛りしています。では、注文いたしましょう。

Trc0711

来ました。

咖哩燴麺です。カレーはともかく「燴」の意味がわからなかったんです。オンライン漢字辞典で調べたら、「かたくり粉などでとろみを付けて煮る。また、その料理。」とあります。納得です。

台湾は使い捨ての容器が多くて、このように回転重視の店ではこのような紙製のカップがほとんどです。その点は味気ないです。

カップの下の注文票は自分が渡したもので、それがきっちりと戻ってきました。やっぱりしっかりしているよな。

Trc0712

では、頂きます。

おお、まさしくカレーラーメン。もっとも、中華麺ではないのですが。マレーシアで食したカレー麺とも通じるものがありますね。けっこうスパイシーですよ。

具は肉類はなく、野菜だけ。でも、美味しい。ああ、だから店名に素食とあったのか。

お代、80元でした。料金はひとりでやっているお姉さんにあとで渡します。謝謝!

お姉さん、きっちりと布で頭を覆っていたのですが、よく考えてみると尼さんだったのかもしれません。髪の毛が全く見えなかったし。だから卍なのかも…。

注釈

<*1>持ち帰り、テイクアウト、テイクアウェーのことです。この店の前にはFoodpandaやUber Eatsのバイクは待機してませんでしたが。

台湾のナニコレ

Trc0672

街角で落ちていたパンフレットです。

選挙公報みたいなものか、政党の選挙立候補者一覧のようなものでしょうかね。そろそろ、次の総統選挙ですねえ。

☆今回の画像データはすべてCANON PowerShot SX730 HSでした。

人気ブログランキングに参加しています。バナークリックお願いしますね。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

海外旅行ランキング
海外旅行ランキング

B級グルメランキング
B級グルメランキング

「#アジア旅行」人気ブログランキング

「#食べ歩き」人気ブログランキング 

| |

« 台鉄便當 | トップページ | 基隆、廟口夜市のワンタン麺 »

Food」カテゴリの記事

202305 Taiwan Railway West」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台鉄便當 | トップページ | 基隆、廟口夜市のワンタン麺 »