« 廟の中のビーフン屋 | トップページ | 台鉄便當 »

2023年8月 4日 (金)

内湾老街

2023年5月16日

Tro0817

<OLYMPUS OM-D E-M10/ED14-42mm>

新竹から内陸部に伸びているのが、内湾線<*1>です。実は新竹からだと途中の竹中で乗り換えが必要ですが、接続は悪くありません。

その終点となるのが内湾という山あいの町です。

Tro0827

<OMD10>

駅前からは下り勾配。山の中ですからほぼ平坦なところはないといえます。

駅周辺の通りが「内湾老街」と呼ばれているみたいです。

Tro0833

<OMD10>

ここは昔の映画館です。

現在は営業を止めてしまったみたいですが、製作者側には許可を取っていないと思われる、ミッキーやスパイダーマンがいるのが気になります。人力車もありますね。

Trc0625

<CANON PowerShot SX730 HS>

なんだか下世話というかグロいパビリオンになっているようです。

↓↓↓ 以下さらにグロい画像が出ます。閲覧注意ですよ。

Trc0626

<PowerShot>

旅行作家の下川裕治氏の著作、「不思議列車がアジアを走る」(双葉文庫)では日本統治時代の昔ながらの街並みに、ホーロー看板があるようなレトロぶりが紹介されていたのですが、さすがに10年も経過すると俗っぽくなるということでしょうかね。

Tro0841

<OMD10>

さらに進んでいくとだんだん道が狭くなっていきました。

行きつくと、バスの駐車場となっていて、観光バスが何台も出入りしてました。もちろん、乗用車用の駐車場もあって、台湾人がこぞってやってくるようなところのようです。

Tro0845

<OMD10>

このようなゲーム性のある店も並びますが、以前紹介した台湾のどこにでもあるUFOキャッチャーだけの店などもなぜかこんな山奥にもあるんです。

引き返します。

Tro0855

<OMD10>

駅を通り越し逆向きに進みます。

食べ物の土産物屋が増えました。

Tro0860

<OMD10>

そう、山の中ですから猪もいるでしょうね。

Tro0859

<OMD10>

つうことで、猪のソーセージを1本焼いてもらいました。

ちなみに、このおじさん、終始無言です。台湾人相手にもそうでした。

Trc0627

<PowerShot>

1本、40元也。美味し。

Tro0858

<OMD10>

おっと、列車が出る時間です。戻りましょう。

注釈

<*1>正確には内灣線。北新竹ー内灣間が内灣線ですが、高鐵の新竹駅と台鉄の新竹駅を結ぶために、六家(高鐵新竹駅の接続駅)ー竹中を六家線として開業させたうえ、六家ー新竹間を電化しました。竹中ー内灣間は非電化でディーゼルカー(紫煙車)が走っています。

内湾線については後日別記事を起こします。

台湾のナニコレ

Tro0386

<OMD10>

「幸福石頭」。なまじ漢字を読めると、よくわからないものに遭遇しちゃいますが、ここは飲食店でした。

焼肉屋か。

肉を焼いた料理はもちろん台湾や中国にありますけど、「焼肉」とうたうものは日本経由で入ってきたものでしょうね。もともとは、韓国朝鮮のものですが。

人気ブログランキングに参加しています。バナークリックで応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングでフォロー

海外旅行ランキング
海外旅行ランキング

カメラランキング
カメラランキング

「#olympus」人気ブログランキング 

| |

« 廟の中のビーフン屋 | トップページ | 台鉄便當 »

202305 Taiwan Railway West」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廟の中のビーフン屋 | トップページ | 台鉄便當 »