« ガオラオ、お初です | トップページ | カオソーイ食べ比べ »

2023年11月22日 (水)

チェディへの水掛けができる寺院

チェンマイの寺(3) ワットロークモーリー

2023年10月2日(月)

Bcc0342

<PowerShot>

チェンマイ2日目の最後にやってきたのがワットロークモーリー(วัดโลกโมฬี、Wat LokmoliともWat Lok Moleeともどちらの表記あり)です。

場所はチェンマイ旧市街の北側のやや西寄り。城壁沿いに張り巡らされた堀を渡ってすぐのところです。この日最後に訪れた寺院です。

Bcc0341

<PowerShot>

この堀に沿ったマニー・ノパラット通りには、某ガイドブックによれば3つの寺院があり、他の2つも訪れてみました。その2つは雰囲気はなかなかのものでしたが、なんと外国人の観光客は自分以外ゼロでした。

でも、最後に訪れたこちらには結構な参拝客がいて、外国人もかなりいます。ま、ほとんどは中国人の団体みたいでした。

最初の画像の鬼が写っているところが本来の入口です。でも、ここを通らなくとも中には入ることができます。

Bcc0336

<PowerShot>

そして、向き合う白亜の象の間を通り抜けると、総チーク造りという本堂に出ます。

細かい紋様が施されていて奇麗です。タイ国政府観光庁のサイトAmazing Thailandによれば、14~15世紀にかけて建造された寺院とのことです。

Bcp0378

<KP/DA18-50mm>

この仏塔(チェディ)は1528年に建造されたとあります。確かに古びた感じが出ています。

煉瓦と漆喰で作られたように見えます。

Bcp0379

<KP/DA18-50mm>

小さな仏塔もあります。これは12基あって十二支にちなんだ仏塔です。タイの十二支は日本と微妙に異なるんですけどね。丑は水牛となり、亥は豚となります。いくらかは中国の影響を受けていますね。

Bcp0383

<KP/DA18-50mm>

はて、これは?

以前、ヤンゴンのスーレーパヤーで行われていた水掛けですね。同じくチェンマイのワットチェディルアンでも見かけたことがあります。

ここはひとつ、動画を撮りましょう。

 

こちら、任意の寄付で誰でも行うことができます。人気はあるようで、やりたい人が並んでいました。

Bcp0385

<KP/DA18-50mm>

チェンマイ中心部ではないものの、団体客もやってくるということは、本堂の美しさなどから「映える」写真が撮れるということで、人気があるんでしょうかね。

Bcp0381

<KP/DA18-50mm>

さ、これでこの日の観光は終わり。美味いものでも食べてまた翌日に備えましょうかね。

バナークリックにご協力ください。

人気ブログランキング
人気ブログランキング 

海外旅行ランキング
海外旅行ランキング

カメラランキング
カメラランキング 

「#東南アジア」人気ブログランキング 

| |

« ガオラオ、お初です | トップページ | カオソーイ食べ比べ »

Temple/Church」カテゴリの記事

202309 Bangkok & Chiang Mai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガオラオ、お初です | トップページ | カオソーイ食べ比べ »