カテゴリー「929t Malay&Thai Railway」の60件の記事

2020年1月19日 (日)

すべて見せます、ユティーチャイホテル・部屋編

2019年8月13日(火)~16日(金)

Mrp1390

<ユティーチャイホテル外観>KP/DA18-50mm

プラチュアップキーリーカンでは駅前から5分も歩かない距離にある、ユティーチャイホテルに3泊しました。鉄道駅から一番近いホテルです。

以前kimcafeさんが泊っているので、その時の評判から泊ってみたいなと思っていました。

Mrc0909

<17号室>PowerShot

部屋はすべて2階にあります。シャワー付きのダブルベッドの部屋にしました。1泊350バーツです。階段を上がってすぐのところが17号室でした。ファランのおじさんが他にいましたが、最後の2日は誰も泊まっていなかったと思います。

Mrc0880

<客室>PowerShot

このホテルにはエアコン付きの部屋はありません。そっけない感じですが清潔感あふれています。なんと、足拭きマットまであります。

Mrc0881

<ベッドから見える風景>PowerShot

このレベルの部屋で液晶テレビまで付いているというのは初めての経験です。ま、テレビは見ないんですけど。テレビの横のスイッチは天井のファンのものです。

窓は網戸がかかり、窓自体は開けてあります。ファンを回してこの状態だとまだやや暑いです。でも、汗が出てくるほどではありませんね。

デスクがあり重宝しました。

Mrc0884

<その他の備品>PowerShot

鏡台があります。きちんとビニールでパックされたグラスが2つ。このレベルではここまで丁寧なところはほとんどありませんね。なんかホテルのポリシーみたいなものを感じますね。

その隣は物干し兼衣服かけ。せいぜいハンガーを使う程度でした。洗濯物は物干し場でよく乾くので。この下にキャリーバッグを収納しました。部屋は十分に広いです。この隣にはソファーもあります。

Mrc0887

<タオル>PowerShot

安宿だと何度も使い込んで薄っぺらになったバスタオルが置いてありますが、ここはいいものを使っていました。ふたり用の部屋にひとりで泊っていると、バスタオルも1枚だけになってしまうことがよくあるんですが、ここはずっと2枚頂けました。隣の布は夏掛けです。これはひとつだけです。

掃除は毎日です。当然タオルは交換してくれます。シーツは替えてないかもしれませんが、毎日きっちりベッドメイクしてありました。

Mrc0888

<換気扇>PowerShot

これがあるところも珍しいです。なかったら熱気がこもるかもしれません。

Mrc0885

<シャワールーム>PowerShot

こちらも清潔ですね。電気式のシャワーですが、熱いお湯が出ます。

Mrc0917

<仕切り>PowerShot

シャワールームは部屋から一段上がったところに作られていました。もしかしたら後付けなのかもしれません。でも仕切りも凝ってますね。

はっきりいって、この旅では一番印象に残る宿でした。

続きます。

今日のコンタイ

Mrc1109

<店内ライブ>PowerShot

ペッチャブリーで夕食をとったファミレスにて。やっぱり誰も聴いてなかったですが。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

ビーチのフードコートでカイメンダー・タレー

2019年8月15日(木)

Mrp1578

<アオ・マナーオ>KP/DA18-50mm

岬方面から戻ってきました。ようやく昼食です。

Mrp1582

<フードコートの建物>KP/DA18-50mm

背後がビーチです。フードコートは2か所あります。その間に3バーツの有料トイレがやはり2つ。実際泳いでいる人はほとんどいませんが、シャワーと着替えにも対応してます。

Mrp1611

<奥のフードコート>KP/DA18-50mm

店は半分くらい閉まっていましたね。こちらは料理とかにあまり特徴がなく、どこでも食べられるようなものを売っています。ここに最初に到着した時、コーヒーを買って休んでいると、ファランの家族みたいな集団がやってきて、昼酒です。彼ら、アイスペールに氷を頼んでいましたが、その中のひとりはボトルのウイスキーを携帯していました。

Mrp1609

<女性の軍人のオブジェ>KP/DA18-50mm

こんなものもありました。やっぱり軍の所有物なんでしょうか。…にしても、現首相に代表される軍人のイメージと違いますね。

Mrc1009

<手前のフードコート>PowerShot

こちらのほうがいろいろと種類が多いし、店もほとんどやっています。こちらのほうがローカル色が強いです。

Mrc1011

<シーフードのイラスト>PowerShot

たまたま、ここはやっていないところなんですが、扱っているものが海のものということがわかります。カニ、タコ、おお、カブトガニですか。

Mrc1004

<カイメンダー・タレー>PowerShot

つーことで、購入してみました。

バナナの葉でパックされています。包みを開けるとこんな感じです。カブトガニの卵ですね。これをココナッツミルクで蒸したものですね。身は食べないらしいですね。どこにも売ってませんでした。ひとつ15バーツです。

見え隠れする粒々がカブトガニの卵ですね。でも、ぎっしりという感じじゃなく、ちょっとだけ入っている感じです。

Mrc1007

<ほぐしたところ>PowerShot

葉っぱは臭み消しでしょうね。味はココナッツミルクが強くて特にどうという味がありません。オレンジ色のものは卵巣の中身かな。まあ、腹にたまるものじゃないですね。

Mrc1006

<ガパオタレー>PowerShot

なので、ガパオも買いました。カイメンダータレーの包みを持っているからか、持ち帰りと思われたようで、こんなのでパックされたガパオです。お皿に盛ってよ。こちらは40バーツです。バンコクよりは安いです。具はバジルとイカとエビです。結構辛め。

Mrc1008

<アイス抹茶>PowerShot

仕上げはチャーキアオイェーンです。25バーツ。ここ、残念なことになぜかハエが多いんです。生ものが多いからかもしれません。隣のフードコートに持ち込んで食べればよかったかな。

ま、珍しいものを食べたので良しとしましょうか。

今日のコンタイ

Mrp1727

<車販のおじさん>KP/DA18-50mm

この翌日乗り込んだ列車は車内販売がかなりすごかったです。この人は弁当売りみたいですね。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

アオ・マナーオへサイクリング

2019年8月15日(木)

この日の天気予報は午後から崩れるとのこと。でも、ここまで来たからには奇麗だというアオ・マナーオ(マナーオという柑橘類の海岸)に行ってみることにしました。まずは宿で自転車を借ります。

Mrc0994

<借りた自転車>PowerShot

まずは観光案内所に立ち寄ります。地図をもらいました。ま、もらわなくとも標識に従って走ればまったく問題ありませんでしたが。借りた自転車は自分の身体のサイズに合うものを選びました。ブレーキも問題なし。ギアもついていますが、変速を試みるとチェーンを外すことが何回もあるので、一切触りませんでした。高低差がほとんどないので問題なしです。レンタル料金は50バーツでした。

Mrp1569

<軍のゲート>KP/DA18-50mm

街外れから軍の施設に入ります。このゲートは一般車も入ることができます。自転車も徒歩も問題ないでしょう。警備の兵士が立っていますが、立ち止まる必要もなかったです。

Mrp1576

<アオ・マナーオ>KP/DA18-50mm

到着しました。宿から30分もかかりませんね。軍のゲートを過ぎると、英語も併記された案内板が出ますので、それに従って走れば到着します。途中、滑走路を横切ります(撮影禁止)。ここはタイ空軍の「Wing 5」という軍事施設内にありますが、まったく緊張感が感じられません。

海が見えだすと、宿泊もできそうなリゾートっぽい建物が現れます。これも軍の所有なんでしょうかね。

Mrp1581

<ビーチ>KP/DA18-50mm

どうです。ハワイにも負けないくらいでしょう。残念なことにアオ・マナーオも遠浅みたいで、海の色は抜群に奇麗だとはいえませんが。でも、景色は素晴らしいです。

Mrp1622

<進路変更>KP/DA18-50mm

先ほど到着したのは、フードコートと有料トイレ(3バーツ)のある、アオ・マナーオのビーチです。少し戻って分岐を進みます。これまたハワイのような景観が広がります。陽射しは暑いですが、自転車だと風を感じて苦になりません。

Mrc0999

<地図>PowerShot

アオ・マナーオの略図です。中央の十字型のものは軍の滑走路です。左側がプラチュアップキーリーカンになります。左の赤いものが軍のゲートで、ここから入りました。遊泳者のイラストのあるあたりが、アオ・マナーオのフードコートのあるあたりです。ここから少し戻り、ゴルフ場のわきを通って岬まで北上します。

Mrc1002

<パスポート預かり証>PowerShot

再び滑走路が現れます。今度はフリーパスではなく、パスポートを預けます。タイ人はIDカードでしょうか。ここから完全にWing 5の施設ということになりますね。

Mrp1624

<交戦の記念碑>KP/DA18-50mm

太平洋戦争勃発直前、日本軍はこのあたりに上陸し、マレー半島を下って行ったそうです。その際タイの軍隊と衝突が起き、死傷者も出たそうです。

Mrc1000

<博物館のジオラマ>PowerShot

博物館があったので入ってみましたが、なんとメンテナンス中。入口近くは写真に撮れました。ここ、エアコンがかなり効いていて生き返ります。

Mrp1638

<かつての主力>KP/DA18-50mm

空軍基地ということからか、プロペラ式の戦闘機の展示もありました。

Mrp1647

<猿の像>KP/DA18-50mm

この辺りでは眼の周囲が白っぽい猿が生息しているそうです。鏡山の猿とは別種ですね。でも、見かけなかったです。また、山のようになっている岬部分には立ち入れませんでした。

Mrp1630

<岬>KP/DA18-50mm

あれがダイヤモンドヘッドですと嘘をついても信じてもらえそうな。Wing 5って、タイで一番恵まれている軍事施設なのでは。

続きます。

今日のコンタイ

Mrp1697

<鐘を鳴らす駅員>KP/DA18-50mm

タイの鉄道では鐘が出発の合図ですね。バンコク中央駅、フアラムポーンでは鳴らさないでしょうが、鐘はあったと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

駅前のオシャレ食堂

2019年8月14日(水)~15日(木)

Mrp1496

<鏡山>KP/DA18-50mm

夏の旅レポに戻ります。

宿泊している駅前にはローカル食堂が数軒あるだけでした。前日の夕食は海岸まで出て、朝食も結構歩いて見つけましたが、いかんせん遠いです。

そういえば列車を降りて駅から出たときに、ちょっと洒落た感じのカフェっぽい店があったことを思い出しました。そこに行ってみましょうか。

Mrc0963

<調理場>PowerShot

敷地は駅前にしては広めです。テーブルが4つくらいあります。オープンな作りですが屋根はかけてあります。

Mrc0964

<飲み物ブース>PowerShot

テーブルに着くと、調理人らしいタイ人女性がやってきて「何にします?」と英語でききます。特にメニューはないようです。調理場に一緒に入ってできそうな料理をききました。

そこには写真が掲げられていてガパオ・ムウサップ(豚ひき肉のバジル炒めライス)とトムヤムクンにしました。調理人はさっそく調理に入ります。

テーブルに戻ると、別の女性が現れ、飲み物をききに来ました。アイスティ、チャーイェンにしました。アルコール類はないようです。

Mrc1022

<蚊取り線香>PowerShot

しばらくすると、足元に蚊取り線香が置かれました。店の周りはすぐに草むらですから、ありがたいサービスです。

Mrc0954

<チャーイェン>PowerShot

お茶が先に来ました。お茶はレトロな容器に入っています。いささか子供っぽい演出ながら、お茶を美味しそうに見せる小道具も一緒です。そればかりか、写真を撮られ始めました。

Mrc0952

<ガパオ>PowerShot

これは早いです。卵はなしですが、割と美味しいです。屋台のガパオというより、きちんとしたレストランのガパオという感じですね。バジルが控えめなのかもしれません。

Mrc0959

<トムヤムクン>PowerShot

ひとり鍋って感じになりました。これだけのトムヤムクンを頂くのは実に久しぶりです。

Mrc0961

<エビ>PowerShot

でかいエビが4尾入ってました。でも、そんなにスパイシーではありませんでした。接客の女性は英語が上手なので、どちらかというと、外国人向けの店のようです。

辛さ控えめながら美味しかったです。

Mrc0966

<サービス>PowerShot

ん?これは頼んでませんが。ありがとうございます。

なんかほっこりする店ですね。調理場には「Up To You」と書かれています。これが店名でしょうか。でも、飲み物のメニューには「Chill Corner」とあります。よくわかりません。

お代はわずかに145バーツです。

翌日は近所の大衆食堂で勝負してみようと思いましたが、なんとシャッターを下ろしていました。2晩続けて駅前の店に向かうこととなりました。

Mrc1021

<チャーキアオイェーン>PowerShot

この日は抹茶味で。

Mrc1028

<空心菜炒め>PowerShot

普通にタイ人が食べる味かもしれません。シャキシャキ感が残っています。

Mrc1026

<カオパットクン>PowerShot

この日はできそうな料理名を挙げてみて、その中から選びました。調理の女性とは英語で話したのですが、ワタクシがタイ語の料理名をずいぶんと知っていることに驚いたようでした。

会話の中でタイに何回も来ているということから、この日の辛さはタイ人の好みに近いものだったのかもしれません。

この日のお勘定は125バーツです。飲み物35バーツ。料理1品40~50バーツといったところです。トムヤムクンはさすがにちょっと高いみたいですが。

調理の女性、Tomがスマホを持ってきました。先ほどから英語で何か話しています。なんだろうと思ったら、facetimeで話している日本人と会話しろとのことでした。その人物は日本に戻っていましたが、「僕はここがプラチュアップキーリーカンで一番おいしいレストランだと思ってます」ときっぱりいってました。

日本人には珍しいプラチュアップキーリーカンのリピーターみたいですね。

今日のコンスワイ

Mrc0967

<調理人>PowerShot

この店を姉妹でやっているみたいですね。飲み物担当が姉みたいです。facebookで友だちになりました。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

プラチュアップキーリーカンぶらつき

2019年8月14日(水)

Mrc0939

<カフェのコーヒー>PowerShot

犬に追いかけられ冷や汗ものでした。ミネラルウォーターは持っていますが、喉が渇き、きっちり涼める場所を探します。

ありました。Indy Fusion Cafeというところです。カフェイェーンを頼むと陶器のカップでドーンと出てきました。しばしここで休憩です。トイレも奇麗でした。

Mrc0941

<塩を吹くリュック>PowerShot

身体の汗は引きましたが、見てください。リュックがこんなことになっています。しばらく風に当てて乾かすしかないよな。

先ほどのカフェから先には軍のゲートが出てきました。この先には奇麗なビーチだとの評判のアオマナーオに続くはずです。でも、そちら方面には行きませんでした。翌日自転車を借りて行ってみると思っていたもので。

道を左に曲がり、桟橋から続く海岸に出ます。

Mrp1544

<海岸>KP/DA18-50mm

ビーチに沿って道路と歩道が真っ直ぐ伸びています。歩道には小魚や魚肉、貝などが網にのせられて天日干しされていますが、漁師の姿は見かけません。道路沿いにある住宅も漁師の家という感じがしません。かなり新しい家ばかりが続いています。もしかしたら、このあたりの漁師はものすごく儲かっているのかもしれませんね。

Mrp1540

<引き潮>KP/DA18-50mm

一方海側にはかなりの漁船が出ています。こちらもよく観察すると、まったく動きがありません。人気もないです。鏡山から眺めたとおり、この海岸はかなりの遠浅で船を海岸に近づけることすら難しいようです。

沖の船は錨を下ろしておき、漁師は手前にあるような小さなボートで船との間を行き来するんでしょう。小さくても漁港を作ればいいんでしょうが、このあたりの人はそうしないようです。漁に出るのは夜中とかですかね。

ロンボク島とかも港を作らない島です。ちょっと大きな船は沖合に停泊し、船まではアウトリガーや双胴船で往復するスタイルでした。上陸時には乗客が少しだけ海の中を歩かされます。翌日ここを通りかかると、荷物を担いで腰まで海につかりながら船まで歩く人を目撃したほどです。

Mrp1538

<砂地>KP/DA18-50mm

ま、こんな具合ですので、「何にもしたくない人」にはぴったりの滞在先なんでしょう。ちなみに、このエリアは駅からは歩けなくはないですが、かなりの宿泊施設があります。大型ホテルから民宿みたいなもの、部屋賀しまで。

Mrp1555

<Ploensamut Restaurante>KP/DA18-50mm

そのかわり、安食堂などは見かけません。ここで昼食にします。

Mrc0943

<リオー小瓶>PowerShot

暑かったからリオー頂いちゃいました。奥の小皿は氷が入ってます。

Mrc0948

<パッタイクン>PowerShot

エビもでかいですが、干しエビも入ってます。砕いたピーナッツ付き。最近タイでもハイカロリーが敬遠され、バナナの花のつぼみは出ないですね。

Mrc0951

<ソムタムタイ>PowerShot

そんなに辛くないソムタムです。ここ、看板だけはアルファベットを使っていましたが、メニューはタイ語だけでした。必ずできるであろう料理を適当に頼んだまでです。

普通に美味しかったですね。でも、レストランなんで、252バーツかかりました。

あー、なんか疲れちゃったから宿で昼寝でもしますか。

今日のコンタイ

Mrp1275

<カメラに気づいて仁王立ち>KP/DA18-50mm

ナコンシータマラートの駅員です。別にこの人を撮ろうとしてなかったんですが。これでもポーズをつけているみたいです。

<お知らせ>
次の旅が迫ってきました。あと、1週間でバンコクです。
というわけではありませんが、年内の旅レポはここで中断させていただきます。
旅立ちまで、あと数件記事は上げますが、旅とは関係ないものになりますね。よろしくです。

| | コメント (6)

2019年12月17日 (火)

猿のテリトリー

2019年8月14日(水)

Mrc0895

<物干し場より>PowerShot

泊まっていたホテルの物干し兼休憩所からの眺めです。ここ、ファン付きシングル、シャワーなしの部屋向けのようです。共同トイレと共同シャワーが並んでいます。洗面所もありますね。

シャワー・トイレ付きの部屋を借りたワタクシには無縁のはずの場所ですが、ここに洗濯物を干すと乾きがいいんですね。こちらの宿泊客はいないようで、十二分に活用させていただきました。

ここからこの山がよく見えるんです。kimcafeさんのブログによると、「鏡山」とのことですが、タイ語を翻訳したものですかね。ガイドブックには記載がないのでよくわかりません。この画像はPowerShotの超望遠で撮影したものなので、こんなに大きくは見えません。今日はここに行ってみましょう。

Mrp1460

<麓>KP/DA18-50mm

街中からはこの山がずっと見えていますので、地図に頼らなくてもすぐに到着します。ホテルからは徒歩15分くらいですかね。

Mrp1464

<猿現る>KP/DA18-50mm

もともと猿が多いときいていましたが、早くも猿が出現します。まだ登り始めたばかりです。

Mrp1466

<群れる猿>KP/DA18-50mm

だんだんと猿が多くなってきます。しかも、群れていやがります。獣の臭いと、猿の排泄物の臭いが漂います。頂上はあんなに先ですよ。

休んでいる余裕もないので、一気に登りました。はあはあ、ぜいぜい。

途中東屋のようなところがありまして、一番猿が群れていました。もうですね、猿をかき分けるようにして進みました。写真を撮っている余裕なんてありません。こちらから声を出して、威嚇するようにして登ったんです。猿にカメラや眼鏡を奪われたらシャレになりません。

Mrp1474

<山頂部>KP/DA18-50mm

ようやく到着しました。ここも、猿がいないわけではありませんが、参道よりは少ないです。山頂に建つ寺院はメンテナンスこそあまりよくありませんが、かなり立派ですね。

でも、人がまったくいないんですね。登ってくる人も皆無でした。つまりはこの山にいる生物はあまたの猿とワタクシだけ。

Mrp1477

<絶景>KP/DA18-50mm

こちら、プラチュアップキーリーカンより北側、つまりフアヒン側の眺めです。山のある岬はアオノーイと呼ばれるところで、洞窟があるそうです。

Mrp1468

<南側>KP/DA18-50mm

プラチュアップキーリーカンの桟橋が見えます。漁船も豆粒のように見えます。ほとんどがエンジン付きのボートですが。

あちらの岬の向こう側はアオマナーオという、奇麗なビーチがあるところだそうです。

プラチュアップキーリーカンの海岸は砂州も見えるところからかなり遠浅であることがわかるでしょう。ま、フアヒンのビーチみたいに岩がごつごつしているところよりはマリンスポーツに適しているんじゃないかと。でも、そんなことをするタイ人もファランもいないですね。

Mrp1467

<下山>KP/DA18-50mm

絶景に見とれましたが、いつまでもここにいるわけにもいかず、山を下ります。また、猿をかき分けるように下りました。幸い被害なし。

プラチュアップキーリーカンの猿は比較的おとなしいみたいです。一番凶暴なのはロッブリーの猿だよな。

Mrp1505

<麓の寺院>KP/DA18-50mm

ここで落ち着きましょう。と、写真を撮っていたら犬が集結してしまいました。やたら吠えまくるだけでなく、こっちに向かってくるんですよ。大通りを横切ったら追ってこなくなりましたが。

なんかバンコクの野良犬なんか比較にならないくらい元気がいいです。この時以来、犬をものすごく警戒するようになりました。

今日のコンタイ

Mrc0791

<女性の駅員>PowerShot

タイ国鉄の職員にはもちろん女性もいますが、ホームに出て業務をこなす人はごく僅かかと。ワタクシは初めて目撃しました。

ま、最近は運河ボートの料金徴収や係留を担当する係にも女性が進出しているくらいですから、今後増えていくのかも。日本の駅だって、女性が出てくるようになったのはつい最近ですし。

| | コメント (4)

2019年12月15日 (日)

地方価格のカオマンガイ

2019年8月14日(水)

Mrp1561

<プラチュアップキーリーカン>KP/DA18-50mm

駅前のホテルは何かと便利ですが、朝食をやっている店がほとんどありませんでした。20分ほど歩き、カオマンガイの店を見つけました。

Mrc0919

<カオマンガイ>PowerShot

来ました。量は少なめです。でも、朝食にはちょうどいいかも。

Mrc0921

<ナムチム>PowerShot

タレがいいですね。これをかけるとピリッと引き締まります。

Mrc0922

<スープ>PowerShot

冬瓜の味がするスープです。今まであまり冬瓜は好きじゃなかったんですが、スープだけは美味いと思います。そしてカオマンガイと合うのが冬瓜のスープですね。シイタケも入っていました。

Mrc0923

<頂きます>PowerShot

タレをかけて頂きます。ご飯は鶏のスープで炊き込まれ、消化によさそうな気がします。肉は茹で鶏だけでなくて、血の煮凝りも入ってました。

何か足りないなと思ったら、野菜ですかね。きゅうりとか。でも、これでたったの30バーツです。出てきたのは四角いプレートのような皿でしたが、別の皿の人もいて、ピセーとかあるようですね。あるいは最近はやりのミックス(茹で鶏+揚げ鶏)とかでしょうかね。

とにかく美味しく、安くて満足でした。

今日のコンタイ

Mrc0918

<孤独な托鉢>PowerShot

朝食に出かけるときに見かけた老人の僧侶です。托鉢を待ち受ける人もほとんど見ませんでしたが、もらう人やエリアも決まっているんでしょうね。

プラチュアップキーリーカンあたりまで来ると、ムスリムはほとんど見なくなります。

| | コメント (2)

2019年12月14日 (土)

まだスパイシー

2019年8月13日(火)

Mrp1446

<夕刻のビーチ>KP/DA18-50mm

プラチュアップキーリーカンは結構ファランがいますが、ツーリスト向けのレストランはあまりありません。ま、それでもビーチ沿いだろうなと思い、暗くなりかけた海岸沿いを歩きます。

Mrc0903

<Top Deck>PowerShot

ここにします。普通の民家風ですが、2階がレストランになっています。いかにも旅行者向けですね。英語も通じます。もちろんメニューにも英語が書いてあります。一部、エアコンが効いていますが、海岸に近い席へ。当たるのは自然の風と扇風機の風だけですが、気分はいいですね。

Mrc0902

<これでもビアチャーン>PowerShot

プラチュアップキーリーカンにいながらプーケットの保冷カバーに入れられたビアチャーンです。ま、プラチュアップキーリーカンがデザインされたカバーはないんでしょう。作ったら売れるかもしれませんよ。

Mrp1447

<眺め>KP/DA18-50mm

ファラン向けだからでしょうか、ナムケーン(氷)は入りません。ですが、こんな景色を眺めながらのビールは最高ですね。とはいえ、すぐに真っ暗になってしまいます。それが夕食の辛いところ。

Mrc0904

<本日の夕食>PowerShot

これが頼んだものです。左、ヤムタレー。右、カオパットクン。

Mrc0908

<ヤムタレー>PowerShot

海鮮のヤムです。エビがでかいです。最初はマイルドで上品な味だな、ファラン向けかなとか感じていたんですが、だんだん効いてきました。かなり辛いです。もともと、辛く作るヤムです。これは美味かったです。

ガイドブック上ではタイ南部に属するプラチュアップキーリーカンですが、かろうじてバンコク周辺、タイ中部くらいかなと思っていました。味覚のほうも。でも、ファラン向けでこれだけ辛いということは普段の辛さはどうなってしまうんでしょうか。

Mrc0906

<カオパットクン>PowerShot

こちらもでかいエビが使われています。やっぱりファラン向けか量はかなりあります。これは十分満足できますね。

お代はビール、80バーツ。ヤムタレー、150バーツ、カオパット、100バーツ。締めて330バーツでした。パタヤの同じようなレストランよりもちょっと安いです。

TripAdvisor

なんと、プラチュアップキーリーカンのレストラン、89軒中、第2位でした。味もそこそこいいしな。

このあと、宿近くの屋台で何か仕込もうと思ったら雨になってしまいました。

今日のコンタイ

Mrp1094

<タンブン仕込まれ中>KP/DA50-200mm

タイ人はこうして、小さいころからタンブンを仕込まれていくんでしょうね。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

手探りのプラチュアップキーリーカン

2019年8月13日(火)

Mrp1389

<駅前通り>KP/DA18-50mm

プラチュアップキーリーカンに到着し、駅から最も近いホテルに投宿しました。天気はあまりよくないです。まずは、このあたりの下見と行きましょう。

わたしゃ、この時代になってもガイドブックを持ち歩いています。ほとんど現地で開くということはありませんが、地域ごとの情報がまとめて掲載されているので、やっぱりツールとして便利なんです。ですが、どういうわけか日本で最も売れているガイドブック、「地球の歩き方・タイ」では、フアヒンからスラタニーの間がすっぽりと抜け落ちているんですね。

ま、地球の歩き方だけではなく、ここが載っているのはロンリープラネットだけだと思います。したがって、どんな飯屋があるかとか、街のつくりなどを歩きながら頭にインプットしようというわけです。

Mrp1396

<交戦の像>KP/DA18-50mm

ホテルから海のほうに歩いてしばらく行くと、警察署がありました。そこにあったのが銃を構えた兵士の像です。これは後でわかったのですが、太平洋戦争直前、日本軍がこのあたりに上陸し、その際タイの軍と交戦状態になった名残のものです。

これは真珠湾攻撃の直前のことで、上陸した日本軍はマレー半島を南に下って行ったとのことです。マレー半島での日本軍上陸地点は他にもありますが、タイの軍隊と交戦状態になったというのは初めて知りました。

それにしてもタイは鷹揚ですよね。日本と交戦状態になったにもかかわらず、タイ国内から当時のビルマまで泰緬鉄道まで敷設することまで黙認しました。戦後は捕虜収容所から逃げた日本兵を匿ったりです。一時日本製品不買運動まで起きましたが、現在はどうよです。

Mrp1433

<桟橋の門>KP/DA18-50mm

海に出ました。ホテルから10分もかかりません。ガイドブックからすっぽりと抜け落ちているプラチュアップキーリーカンですが、なぜかファランの皆さんには昔から評判のところです。

2013年のこと、ワタクシはラノーンからバンコク行きのバスに乗りました。途中から老人に近いファランが乗り、車掌に行き先を「プラチュアップキーリーカン」と告げたのです。ここには何かあるのかなと思った程度ですが。

そんなわけで、ファランの皆さんは比較的多いです。といって、ここはパタヤやカンチャナブリーみたいに英語の看板があふれかえる観光地ではありませんね。物価も観光地価格ではありません。

Mrp1406

<釣り人>KP/DA18-50mm

海ですが、それほど奇麗ではありません。透明度が高くないです。といって、汚染されているわけでもありません。タイランド湾側独特の色合いなんでしょうか。ビーチもあるんですが、泳いでいる人は皆無に近いです。桟橋はかなり奥まで伸びています。観光用の桟橋なんでしょうね。定期船などもありません。

Mrp1411

<灯台>KP/DA18-50mm

これは機能しているのかどうか。ともかく無人の灯台ですね。プラチュアップキーリーカンのビーチは広々としています。弧を描くようなビーチですが、そのはずれには島か半島のような地形が目に入ります。なんか風光明媚な感じがします。

この桟橋のたもとには観光案内所がありましたが、すでに営業時間は終わっていました。

Mrp1437

<ビーチ沿いの屋台>KP/DA18-50mm

ビーチ沿いの歩道に屋台が出ています。ここではちょっと腹の足しになるものを売っています。食事にできるものはホテルに近い広場で夕方から始まるみたいです。

Mrp1438

<イカ各種>KP/DA18-50mm

すごく幅の広い価格帯です。25バーツのイカを頼んでみますか。

Mrc0901

<ややスパイシー>PowerShot

少しあぶってあるイカをハサミでカットし、緑の調味料をかけてビニール袋に入れてくれました。イカは生に近いです。海に近いのでこういうイカも食べることができますね。

今日のコンタイ

Mrc0900

<屋台の夫婦>PowerShot

前回のエントリーにも登場した屋台のタイ人ですが、「タイループ・クン・ダイマイ・カップ?」作戦を実行したら夫婦で写りたいとこんな感じになりました。でも、ご主人、目をつぶってしまってます。

プラチュアップキーリーカンには3泊しました。ここでゆるゆるしようという作戦です。ゆるゆるなんで、だらだらしたレポートがしばらく続くと思います。ご了承ください。

| | コメント (2)

2019年12月11日 (水)

3回目のディーゼル特急

2019年8月13日(火)

Mrc0856

<列車到着>PowerShot

ホテルから荷物を作り、チュムポーン駅に移動します。駅に到着すると、ものすごいスコールになりました。屋根のあるところで待っていたのが幸いです。

とはいえ、乗り込むときにはある程度濡れます。今回乗車する「SP EXP(DRC)」(ディーゼル特急)には車両ごとにアテンダントが乗っていて、乗車時にチケットをチェックします。そのアテンダントは傘をさしかけてくれました。

Mrc0857

<車内>PowerShot

どう見てもパッとしない車内ですが、これでもタイでは一番の部類に入る車両なんです。

「SP EXP」が特急の略号です。Special Expressということですね。「DRC」がDiesel Railcarのことです。この列車はオール二等座席になります。え?一等じゃないのという声もきこえてきそうですが、タイ国鉄では一等は個室寝台だけです。上から2番目のエアコン付き特急ということですね。そして、このディーゼル特急は機関車が客車を引っ張る特急よりもスピードが出ます。今のところ、タイ国鉄では最も早い乗り物ということになりますね。通称「スプリンター」です。

この列車はスラタニー発、クルンテープ(フアラムポーン)行きです。自分の座席は窓側でしたが、すでに通路側に先客のおじさんが乗り込んでいました。

SPの付かない「EXP(DRC)」という編成もあります。ディーゼル急行ですね。その違いは何なのかというと、ディーゼル急行には非冷房の三等座席車両も付いていることでしょうか。そして、ディーゼル急行では食事が出ません。ディーゼル特急は食事付きです。

このディーゼル特急ですが、タイ国鉄東北本線、北本線と南本線に走っています。東本線には投入されていません。また、当然のことながら、メークロン線やカンチャナブリーに行くナムトク線にもありません。

ワタクシ、ディーゼル特急に乗るのは3回目になります。最初は2012年にフアラムポーン-ピッサヌローク間に乗りました。2回目は2年前、ナコンラチャシマーからウボンラチャタニーまで乗りました。

その5年間の間に車内で提供される食事がレンジで温められるコンビニ弁当に近いものになってしまったのは残念です。ただ、すぐ提供されるものなので、途中駅から乗った客にもすぐに食事が用意できるというメリットはありますね。味気ないですが。

Mrc0859

<車内食>PowerShot

今回はこれが食事です。手前左がガパオ。手前右がごはん。左奥がサバの煮つけです。

Mrc0860

<開いた状態>PowerShot

うーん、見るからにまずそう。それでも完食しましたが。2年前の時は魚のカレーと鶏肉入りスープでした。おかず2品が汁物。こぼす危険性大でした。今回は大丈夫ですね。

Mrc0872

<アテンダント>PowerShot

ピンボケですいませんね。比較的ベテランのアテンダントでした。ピンボケの言い訳をしますと、PowerShotはかなり動くものに反応してしまうんです。きちんとアテンダントにピントが合っていたはずですが、突然前の席の男性が立ち上がってしまい、そちらにピントが合ってしまったと。GR DIGITALやKPなどの比較的古いシステムのカメラならこういうことは起きませんが。

Mrc0879

<20分遅れで到着>PowerShot

プラチュアップキーリーカン、15:00過ぎに到着です。約2時間の列車旅でした。でも、388バーツかかりました。VIPバスよりも断然高いですね。

今日のコンタイ

Mrc0899

<イカ屋台店主>PowerShot

プラチュアップキーリーカンのビーチ沿いに午後から出る屋台です。「コンイープン?食べてかない?」みたいな感じで話しかけられました。考えてみれば、タイ南部ではほとんど日本人を見かけませんでしたし。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧