カテゴリー「Japanese Spot」の57件の記事

2022年6月15日 (水)

豪雨の箱根峠

神奈川県の道の駅制覇への道(4)
今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.38

2020年12月2日(水)、2022年6月6日(月)

いよいよ神奈川県最後の道の駅です(2022年6月現在)。

いくら隣の県といってもやはり箱根は遠いです。しかも、「道の駅 箱根峠」は文字通り箱根峠の近くにあり、ちょっと移動するだけで静岡県に入るようなところです。

Jdc0453

<土砂降り>PowerShot

ま、せっかく行くのだったらさらに遠征するかということで、箱根峠を通るルートで伊豆方面に2日ほど出かけようと計画しました。

ですが、当日は土砂降り。ひどいものでした。

Jdc0452

<スタンプ>PowerShot

道の駅 箱根峠は小さな道の駅ですが、平日かつこの土砂降りですのでガラ空きでした。

Jdc0462

<ゲット>PowerShot

これで神奈川にある4つの道の駅のスタンプはすべて押すことができました。

ここまで、自宅からノンストップで走ってきました。当初は元箱根あたりで昼食を取ろうと思っていたのですが、天気が最悪なもので、できるだけクルマを降りる回数を減らしたかったので、ここで食事をすることにしました。

Jdc0461

<食堂>PowerShot

小さな道の駅ですが食堂は比較的まともなほうですかね。場所によっては道の駅で飲食する場合、ほんの少しのテーブルしか用意されてないところもあります。また、道の駅はご当地の産物が並ぶ、スーパーのような立ち位置もあるのですが、さすがに箱根の外れではその役割はないようです。したがって、ドライバーのお休み処的に特化した感じになるんでしょうかね。

メニューは蕎麦、うどん、丼物のご飯類だけです。あまり期待してないのですが、ここまで来てうどんはないだろう。ご飯ものもなーということで、蕎麦にします。

Jdc0454

<とろろそば>PowerShot

蕎麦ですが、上着が必要なほどの気温でしたので温かいものにしました。こちら、750円。オーダーは食券を買い、窓口に持っていきます。半券が切り取られ、その番号が呼ばれたら受け取ります。

今は食券購入と同時にその番号が調理場に伝わるようなシステムのところも多いですが、昔ながらの方式ですね。

Jdc0456

<七味たっぷり>PowerShot

寒いのでこれもたっぷりかけちゃう。

Jdc0457

<リフトアップ>PowerShot

これ、意外に蕎麦が美味しいです。意外といっては失礼かもしれませんが。一応は蕎麦どころ。

Izdc008

<なめこそば>PowerShot

2杯頼んだわけではございません。以前やってきたときに頼んだものです。

Izdc009

<リフトアップ>PowerShot

その時も箱根から伊豆へと回るショートトリップでしたが。この時は600円。値上げしたんじゃないかな。

この時はまだ道の駅のスタンプ帳を入手する前のことでした。

そして、昨今のニュースでは小麦だけでなく蕎麦も輸入に頼る割合が高いのだとか。

でも、facebookの蕎麦職人、Oさんによると本格的な蕎麦屋では国産の蕎麦を使っていて、供給元も安定しているので、そのようなところでは価格が変動することはないとのことでした。道の駅 箱根峠の蕎麦はどうなんだ?ワタクシの粗雑な舌では判別できませんでしたが。

しばらく、旅もの続きます。

 
国内ランキング

 
B級グルメランキング

| | | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

八王子城跡に行ってみた・後編

2022年5月22日(日)

Jp0576

<本丸方面への入口>PowerShot

前回疲れ果ててここを後にしたのですが、もらってきたパンフレットによれば、御主殿跡とガイダンス施設があることに気づき、1週間後再訪いたしました。

御主殿というのは城主の居館ということで、北条氏照の館ということです。

Jp0581

<城山川と橋>PowerShot

居館へは本丸方面ではなく、川沿いに沿って進んでいきます。つまり、居館は城とは直接関係ない方向にあったことになります。

さすがに、本格的な山城であったため、別方向の山深いところに居館を設けたといえましょう。平地の城であれば、城の周辺に居館があり、そこも堀や城壁でしっかりと守られているはずです。ですが、こちらは、山深い自然条件と人為的に造られた橋や城壁で守られていることになりますかね。

Jp0582

<大手門跡>PowerShot

落城後は誰も城を居城とせず、その後国有林となったため、遺構の保存状態がよいのだとか。ここにも居館があったらしいです。ここをさらに登っていきます。

Jp0583

<古道へ>PowerShot

登るとまた橋が現れます。その先は古道ということになり、もともとはこちらだけが御主殿へと通じる道だったということです。川沿いにある道は江戸時代に整備された林道だそうです。

Jp0585

<曳橋>PowerShot

御主殿へと通じる最後の橋です。現在はしっかりした橋として再現されていますが、ここも簡単に渡れないよう武士が詰めていたり、場合によっては橋を落とすことができたと考えられます。

ここはかなり高さがありますよ。

Jp0588

<虎口>PowerShot

御主殿へと通じる石段です。ここも、1回曲がるようにしてあり、簡単には到達できないような工夫がされています。

Jp0589

<冠木門>PowerShot

ようやく到着です。

Jp0590

<御主殿跡>PowerShot

意外に広いです。整地すればサッカーくらいはできそうな。

ちなみに北条氏照は小田原城に詰めていて、八王子城などの城攻めが功を奏して小田原城も開城することになり、その時に兄の北条氏政とともに切腹し、北条氏は滅亡しました。

Jp0594

<御主殿の滝>PowerShot

もちろん、御主殿も落とされ、詰めていた武士と婦女子は滝の上流で自害したとのこと。川の水は三日三晩赤く染まったとか。

Jp0604

<ガイダンス施設>PowerShot

この中に城のジオラマなどがあります。戦火を再現した映像も見ることができます。トイレも奇麗ですね。

Jp0605

<注意書き>PowerShot

オイ!こんなの、本丸方面も御主殿方面も注意がなかったです。

やっぱり、いるんだ~。昔、多摩川水系の浅川の近くに住んでいまして、通っていた小学校の一部の草むらにはやつがいるから近づくなということになっていました。今なら、考えられないわ。ちなみに、八王子城付近も浅川水系です。

気になる方は、やつらが活発になるシーズンを避けて、秋から初冬くらいをおすすめします。他のブログでは御主殿あたりにも、注意書きがあったとかで。

Jp0637

<スタンプ>PowerShot

八王子城は日本百名城なんだそうで、こんなスタンプも用意されていました。

☆記事の更新、1週間空きましたが、特に意味はありません。ただ、3日ほどお出かけしておりました。

 
国内ランキング

 
カメラランキング

| | | コメント (0)

2022年5月23日 (月)

八王子城跡に行ってみた・前編

2022年5月15日(日)

近場で行けるところを調べていました。すると、八王子にいくつかの城(または城址・城跡)があることを見つけました。とりあえずはその第1弾。

Jp0552

<管理棟>PowerShot

ロケーションはJRおよび京王線高尾駅からバスということになります。自宅からはクルマで約1時間程度。駐車場は普通車50台のキャパです。日曜日でしたが、駐車場は8割程度の埋まり具合。

カーナビでは機種によっては名称では出ないようです(自分のがそう)。住所入力でたどり着きました。

ここでトイレを済ませ、パンフももらっておきます。

Jp0554

<のぼり>PowerShot

ここは北条氏照の居城だったそうです。鎌倉時代の北条氏ではなく、豊臣の北条攻めのほうの北条氏で、三代・北条氏康の三男だそうです。

Jp0555

<スタート>PowerShot

軽い気持ちで来てしまったのですが、ここから苦行が始まるのでした。

Jp0558

<鳥居>PowerShot

どうやら、この先には神社もあるみたいです。まだ、このあたりは歩きやすかったのですが。

Jp0559

<排水溝>PowerShot

「城跡」とあるので、建物自体は失われております。1590年の前田利家・上杉景勝による攻撃で焼け落ちたとも。

でも、ところどころこのような排水溝も残っているんですよね。

あの鳥居をくぐると本格的な山登りとなります。階段状になったところもありますが、土がむき出しになっていたり、草木に覆われたような狭い箇所もあります。

Jp0561

<石段>PowerShot

終始こんな感じで、あたりは草いきれでムンムンしますね。入口の表示では「本丸まで800メートル(約40分)」なんてありますが、これは直線距離のことだろうと思いますね。

軽い気持ちで来ていて水分を持ち込みませんでした。これは失敗です。当然ながら登りだしたら自販機などはありません。

Jp0562

<道しるべ>PowerShot

本丸までの道は尾根に作られているようでした。急坂が続いたと思うとちょっとだけ平坦な箇所にも出ます。そこは曲輪(くるわ)と呼ばれ、守備隊が詰めていたとのことです。

この七合目であと400メートルとか書いてあったような。でも、直線距離だよな。

Jp0564

<展望>PowerShot

この日は午前中雨でこの時もやや霞がかったような状態です。晴れていれば結構遠くまで見えるんじゃないすかね。

結構登ってきました。

Jp0568

<八王子神社>PowerShot

八王子権現を祀ったものだとか。当然社務所などはありません。無人の神社です。でも、建て替えを行うようで、資材はヘリで降ろすみたいなことが書いてありました。

Jp0573

<天狗>PowerShot

こういう存在も信じたくなるようなひとけのなさです。さあ、あとちょっと。

Jp0570

<本丸跡>PowerShot

ようやく到着しました。標高460メートルだそうですよ。

ここも重要な曲輪だったようです。ただし、天守閣を作るほどの広さはなかったといわれています。

写真を撮りながら、途中息も整えながらでしたが、画像のデータを見てみると30分で登り切ったようです。

足元はごく普通のスニーカー。むしろ、下りが急なので、登ったのと同じくらいの時間がかかったようです。

それにしても甘く見てました。出来たら足元はトレッキングシューズをお勧めしますし、トレッキングポール(杖)もあったほうがいいですね。水分もお忘れなく。

トレッカーは実に多かったです。

それにしても疲れましたです。続く。


国内ランキング


カメラランキング 

| | | コメント (0)

2022年5月15日 (日)

天皇たちの墓所

2022年5月6日(金)

ゴールデンウィーク中、都内ではありますがほぼ神奈川県に取り込まれたようなわが地域は、ショッピングセンターなどはガラ空きでした。一方、ニュースでは高速道の渋滞情報が伝えられておりました。

つうことで、どこか空いてそうなところがないか調べてみると、「武蔵陵墓地」というものが引っかかってきました。ということで、天気などを見計らってこの日に行ってみました。

Jp0551

<入口>StarWarsMobile

そう、ここは大正天皇とその皇后、昭和天皇とその皇后の墓所なのです。実はかつて訪れたことがありました。小学生の時の遠足か社会科見学だったと思います。

Jp0527

<手水>PowerShot

もっともその時は「昭和」の時代でしたから、多摩陵と多摩東陵だけがありました。当時の名称は「多摩御陵」で、今でもカーナビではこちらを入力しないとたどり着けません。道路標識もそうなってますね。

Jp0529

<杉並木>PowerShot

この時期は緑一色ですが、紅葉のシーズンには色とりどりの眺めとなるようです。

Jp0530

<案内板>PowerShot

かなりシンプルです。

Jp0532

<多摩陵>PowerShot

大正天皇陵になります。柵の向こう側には行くことができません。「たまりょう」ではなく、「たまのみささぎ」と読みます。以下も同じですね。

Jp0535

<多摩東陵>PowerShot

貞明皇后陵ですね。大正天皇と貞明皇后の陵(みささぎ)ですが、ほとんど同じ形に作られているように見えました。ただ、最も古くできた多摩陵は石材と木材だけでできているように見えます。

多摩東陵は鉄が使われてますね。

Jp0539

<菊の紋章>PowerShot

これですね。

Jp0542

<武蔵野東陵>PowerShot

先ほどのところから徒歩5分ほど。香淳皇后の墓所になります。まったくといっていいほどひと気がありません。

でも、このあたりから警官が現れました。皇宮警察ではなく警視庁の所属のようです。暇そうではありました。

Jp0545

<植栽のクルマ>PowerShot

唯一宮内庁と関係するのがこちらでした。芝生の手入れなどをしているようでした。ただし、園芸の業者っぽくなく白いシャツ姿です。

Jp0550

<武蔵野陵>StarWarsMobile

昭和天皇陵になります。武蔵野陵、武蔵野東陵とも同じような作りですね。多摩陵などよりも墳墓のあるところが奥まっていて、低い位置にあるように見えました。

Jp0522

<駐車場>PowerShot

かなり広々としたところでしたが、ガラガラ。ちなみに、物販販売はありません。トイレが1か所のみですね。一応、平日ながらゴールデンウィーク中でこんな感じです。

ちょっと調べてみたら、かつて京王が御陵線という支線を運行していたそうです。こちらは廃線になりましたが一部区間が現在の高尾線になっているようです(北野駅ー山田駅)。

これならいつでも混雑を気にせず訪れることができそうです。

宮内庁昭和天皇武蔵野陵


国内ランキング


カメラランキング 

| | | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

残念な不忍池

2022年4月24日(日)

タイフェスティバルや代々木公園のイベント関連の情報をネットで調べていたら、「タイナショナルフェスティバル」というものが上野公園不忍池で開催されるというものが飛び込んできました。

ただ、「開催」されるというだけで、具体的な内容、出店する店舗などは当日になっても不明のままでした。ま、それがどうあれ、上野界隈にはかなりの数のタイレストランがあるので、食事会をしましょうということで、集まることにします。

Yam1298

<待ち合わせポイントらしい>OMD10/ED14-42mm

上野駅中央改札口に集合し、不忍池まで歩きます。そういえば上野なんて改札外に出たのはいつ以来だろうか。成田エクスプレスよりスカイライナーのほうが安いからと、上野まで来て京成上野まで歩いて行った以来じゃなかろうか。当時は京成上野にトラベラーズチェックを発行する両替所もあったのですが。

そして、上野公園に上がっていく階段。ここにも大勢のイラン人がたむろしていたものです。って、ふた昔じゃききませんね。

Yam1302

<え?>OMD10/ED14-42mm

これだけ?

わたしゃ、この先の弁天堂に続く通路にもっと露店が出ているだろうと思っておりました。

Yam1303

<日本のローカル屋台でした>OMD10/ED14-42mm

いやー、あれだけなんや。

じゃあ、ここまで来たので、弁天堂でも見ていきますか。

Yam1325

<弁天堂>OM10/ED14-42mm

不忍池の中央に弁天堂が浮かぶように建っています。

そういえば、エレカシのミヤジがNHKのSONGSで上野でロケをやっていて、上野公園には弁天堂以外にも歴史スポットがかなりあるといっていました。

Yam1323

<駅伝の碑>OMD10/ED14-42mm

ま、自分が見つけたのはこれくらいでしたが。

ちなみに、東洋大の白山キャンパスには箱根駅伝の記念碑がございます。柏原の激走がなんたらとありました。その後、陸上のKさんとかボクシングのMさんなど、著名人も排出されましたのでもっとたくさんの記念碑ができているかも。

Yam1309

<弁天堂>OMD10/ED14-42mm

たくさんの提灯が飾られていましたが、中にはカタカナのものもあったな。

Yam1313

<祈祷中>OMD10/ED14-42mm

弁財天は長寿、福徳、芸能の守り神とのこと。お堂に上がっている人はご利益を得たいのでしょうかね。ずっと、声が響いておりました。

Yam1319

<キッチンカー>OMD10/ED14-42mm

さて、こちらに舞い戻り、椅子とテーブルがあったのでしばしお話でございます。ま、ここでもうひとり合流予定ということもありましたが。

Yam1321

<ムーサテ>PowerShot

カルロス氏が購入してきたムーサテです。なぜか黄色くなっている部分が目立ちます。カレー味でも付けたのでしょうか。

いやー、しかしこれじゃねー。ずいぶん前の春先に「ソンクラーンフェスティバル」というものが代々木公園で行われましたが、それよりもがっかりでした。

一応、代々木のイベント関連では、タイフェスティバルはオンラインによるコンサートらしいです。カンボジアフェスティバル(5/3,5/4)、ベトナムフェスティバル(6/4,6/5)は行われるようです。ラオスフェスティバルは中止。

タイフードフェスティバル(6/18,6/19)というものもあるようで、一応上記のものは「代々木公園イベント広場」とのことなので、顔を出してみますわ。

しょうがねー、昼メシ食いに行きますか。続く。


カメラランキング 

| | | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

丹沢の道の駅

神奈川県の道の駅制覇への道(3)

2022年2月12日(日)続き

Jp0442

<道の駅山北>PowerShot

「道の駅足柄金太郎のふるさと」をあとに次に目指すのは「道の駅山北」です。

神奈川県足柄上郡山北町。東名高速が近くを走っているものの、インターチェンジは町内になく、大井松田ICと足柄スマートICあるいは御殿場ICの間に挟まれたところです。ちなみに、スマートICとはETC専用のインターチェンジですね。そのかわり、ハイウェイバスの山北バス停はあります。

鉄道は通ってなく、国道246号線があるのみ。かなり辺鄙な場所ともいえましょう。その国道246号線から北に分岐し、丹沢湖(人造ダム)や中川温泉方面に行く途中にあるのが「道の駅山北」です。

Jp0439

<近くにセメント工場>PowerShot

実に小さな道の駅です。駐車場は普通車27台、大型車1台という道の駅の中でもかなり少ないキャパです。

これはやはりロケーションによるものでしょう。国道からわずかですが離れているため、丹沢湖や中川温泉方面への行き来で立ち寄る程度でしょうし。

Jp0440
<注意書き>PowerShot

まるで気配を感じませんでしたが出没するようです。ま、タイのロッブリーやペッチャブリーのプラナコーンキーリー、プラチュアップキーリーカンの猿山に比べればなんてことはないです。

でも、建物のドア類はサルが簡単に入ってこれないような工夫がされていました。

このような中途半端な道の駅で、食も特に名物がなくスタンプを集めに立ち寄っただけですね。あと、トイレ。

Jp0443

<道の駅スタンプ>PowerShot

「道の駅足柄金太郎のふるさと」はある程度の規模がありましたが、どうにもこうにも客を集めるようなところではありません。

他県に行ってもこんな感じの小規模なところはいくつかありそうですが。でも、神奈川県はこういうところがほとんど。まだ、スタンプ集めが残っている「道の駅箱根峠」もそうです。

ともかく、東京と神奈川は道の駅に関しては不毛地帯ですかね。

Jp0445

<押しました>PowerShot

デザインもいまいち。

天気は良かったのですが、ここからわざわざ箱根に行くのも骨が折れるので、そちらはこれからになります。


国内ランキング 

| | | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

野津田の桜

2022年3月27日(日)

Jp0497

<Gスタ>PowerShot

先週、桜の開花のニュースをきいて、近場に出かけてみました。

こちら、日本プロサッカーリーグ(J2)所属のFC町田ゼルビアの本拠地です。もともとは町田市陸上競技場という名前ですが、ギオンという会社がネーミングライツを獲得していて、「町田GIONスタジアム」とも呼ばれております。

ゼルビアはJ2所属でありながら長年こちらの観客席等がJ1の基準を満たしてなくて、J2で昇格の順位、または昇格プレーオフに進出する順位になったとしても、それがかなわないという矛盾に満ちた存在でした。

それが昨年にバックスタンドも完成し、J1の基準を満たしました。ちなみに、画像に写っているのはバックスタンドです。今年はまだ始まって間もないのですが、ゼルビアは現在3位。プレーオフ進出圏内です。

Jp0482

<ソメイヨシノ>PowerShot

満開一歩手前ですね。この、野津田の山も桜の名所ですね。

Jp0494

<いい感じ>PowerShot

とはいえ、町田市陸上競技場としては、ほとんど何もないようなところに工事を行い、1990年にオープンしました。それまでは桜よりも柿の木が多いようなところで、この桜のほとんどはあとから植えられたものと思われます。

Jp0495

<一里塚>PowerShot

こうしたものも、残ってます。ここからちょっと行ったところが「小野路」という地名です。少し歩くだけで、小町井戸というものもあります。小野小町からきているようですが、真偽のほどは不明。

Jp0489

<ヤマザクラ>PowerShot

こちらは色の薄いヤマザクラですかね。

こんな感じで、桜をめでるにはいい場所です。特に「宴会禁止」とか諸注意はありませんでしたが、シートを敷いて騒ぐなんて人はいませんでした。日本人はお上のいうことには忠実だよなあ。

そう、シートを敷いてスパイシーな料理をつまみ、ビアシンやらビアチャーンやらをいただく行為を2年やってないす。タイフェスですね。

Tf218

<2019年のタイフェス>OMD10/EM14-42mm

気になって調べてみたら、例年行われる代々木公園のタイフェスティバルは今年も予定されてませんね。

しかし、4/16(Sat)4/17(Sun)にソンクランフェスティバル(光が丘)、これは都合悪し。

4/23(Sat)4/24(Sun)にタイナショナルフェスティバル(上野公園)、5/18(Sat)5/19(Sun)にタイフードフェスティバル(代々木公園)というものがありますね。こちらならば、大丈夫。久しぶりにカメラを持ち出してあちらの味を堪能したいものですわ。

Jp0487

<ゼルビー>PowerShot

なんてことを想像してしまいました。今日の氷雨でだいぶ桜も散ってしまいましたかね。

Jp0481

<接近してみました>PowerShot

ま、そんな感じでこれからは比較的自由に出かけられることになるはずです。あと、もうちょっと。


国内ランキング 


カメラランキング

| | | コメント (4)

2022年3月26日 (土)

金太郎

神奈川県の道の駅制覇への道(2)
今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.36

2022年2月12日(土)

前回書き忘れましたが、神奈川県にある道の駅はたったの4か所です。でも、これをひとつひとつつぶしていくのは結構大変です。ちなみに、東京は1か所。ま、他の関東圏(山梨全県と長野県の中央本線以北)は数十か所あって、自宅からも遠くとうてい1日では回り切れないのでさらに難易度は上がるのですが。

Jp0429

<金太郎キャラ>PowerShot

ということで、2月の三連休中日を利用してやってきました。

Jp0418

<看板>PowerShot

「道の駅足柄・金太郎のふるさと」という長い名前を持つ道の駅です。ここは南足柄市にあります。かつては北足柄村という自治体があり、南足柄町が1972年に市制を施行しました。ちなみに、神奈川県内で最も人口の少ない市だそうです。

アクセスですが自分の場合は有料道路を使わずに2時間半程度かかりました。高速利用だと東名の大井松田ICからすぐです。ICからも渋滞はなさそうな感じでした。

公共交通機関だと小田急線開成駅が最も近そうです。そこからバス利用みたいですが、土日祝日は朝1本のみなどとありますので、タクシーを使わざるを得ませんね。帰りも足がなくなるので、クルマ利用が前提でしょう。

Jp0416

<ちょっとだけ富士>PowerShot

南足柄市を支える大企業、富士フイルムがあるというのに、肝心の富士山は足柄の山に阻まれて完全には見えません。ちなみに、来る途中はかなりいい感じで見えておりました。

Jp0417

<駐車場より>PowerShot

ここは比較的施設が充実しているんですが、いかんせん駐車場のキャパが足りません。普通車95台となっていますが、到着時(正午前)には空きスペースがなく、時間待ちいたしました。しかも、誘導する人がいないというありさまで、一方通行の通路を回りながら待ちました。2周目くらいにやっと空きが出ました。

Jp0419

<スタンプ>PowerShot

では、さっそくスタンプを押します。

Jp0444

<最悪>PowerShot

どうやら、スタンプ台が乾いていたようです。右側はスタンプ台のインクをたっぷりとつけたものです。

ちなみに、ここは2020年の6月に開業した比較的新しい道の駅です。自分の手に入れた関東版のスタンプ帳は、2020年度のもので2021年の2月に手に入れました。このスタンプ帳には道の駅足柄・金太郎のふるさとのページはありませんので、余白のメモ欄に押しました。

鉄道のスタンプ帳、御朱印帳との違いは、道の駅のスタンプ帳にはそれぞれ、押す場所が決められているということです。

こういう失敗もあるので、試し押しをやったほうがいいですね。

Jp0427

<メニュー>PowerShot

ちょうど昼時だったので、昼食とします。

Jp0426

<ふるさとゴハン食堂>PowerShot

やっぱり混んでいました。自動券売機で好きなものを頼み、食券には通し番号が刻印されているので、番号が呼ばれたら取りに行くというものです。並ぶ必要がなく、先に席を確保しましょう。

Jp0420

<来ました>PowerShot

茶そば(冷)小鉢付き、680円です。南足柄、海も近く山の幸もあるというところですが、なんとも有名な食材が乏しいのか、「押し」の食材がないようです。

蕎麦といえば箱根蕎麦、蒲鉾は小田原といった具合で、何を売りにしたらいいのか困惑も見て取れそうな。

美味そうな料理は全部1000円を超えますので、それなら近くのファミレスに行くわといったところ。やむを得ない選択ですかね。

Jp0422

<きんぴら>PowerShot

そばにきんぴらという組み合わせは初めてです。無理やり付けなくてもいい気もします。

Jp0423

<薬味>PowerShot

わさびはいいとしても、ネギは白いところを使うのか…。同じ関東圏でもこれは珍しいような。

Jp0421

<茶そば>PowerShot

ざるを使っているのは道の駅としては良心的かも。茶そばにしましたが、普通のそばもあったんですよね。ただ、茶そば自体はゆでてきっちりと水でさらしている感は出てますね。艶もあるし。

Jp0425

<いただきます>PowerShot

どうも茶そばというと、帰国する便で出てくる機内食の片隅にあるやつ…という気も。あれはあれで美味いんですが。

こちらはいい意味、道の駅クオリティですね。激ウマではなく、まずくもなく、いたって普通。文句も出ないでしょう。

ウニとろ牛めし、3480円とか、生本マグロとろ丼、3180円とか、目玉商品にしたい気持ちはわかりますが、わざわざ道の駅で昼食にしたいという人はいるのでしょうか。

それよりは、ごく普通のラーメンやカレー、丼物のコスパに見合うものを出してほしいです。

さ、次行きましょう。

道の駅足柄・金太郎のふるさと

 
国内ランキング

 
B級グルメランキング

| | | コメント (2)

2022年3月21日 (月)

最も近い「村」へ

神奈川県の道の駅制覇への道(1)

2021年6月24日(木)、2022年3月20日(日)

Jp0328

<道の駅清川>PowerShot

道の駅のスタンプ帳(関東版)を手に入れましたが、自宅から2番目に近い道の駅を訪れたのは昨年の6月。しかし、用事の合間にあわただしく訪れたというだけの印象でした。

Jp0331

<スタンプ>PowerShot

駐車場の収容台数普通車77台という、小さめの道の駅です。スタンプはメインの建物の2階に置いてありました。

Jp0446

<スタンプの意匠>PowerShot

こんな具合で。

道の駅清川は神奈川県唯一の村、清川村にあります。直線距離でいうと自宅からは最も近い村に当たります。走行距離は25km程度ですが、山深くなりますので、相模川、中津川を横切り厚木市の七沢温泉付近からアクセスするか、宮ケ瀬湖方面からアクセスするかのどちらかになります。1時間半くらいはかかります。

公共交通機関では小田急線本厚木駅からバスということになります。かなり不便なところですね。

6月のこの時はスタンプを押してとんぼ返りしました。

Jp0461

<再訪>PowerShot

3月の連休中日。天気はいまいちでしたが、時間ができたのでもう一度行ってみることにしました。今度は食事もして宮ケ瀬経由で帰ろうと。

画像のような小さな建物があるだけです。この写真を撮った背後は清川村役場。駐車場はかなり混んでましたね。一応、役場の駐車場も利用してかまわないみたいですね。

この時も七沢経由で訪れました。途中林道や農道のようなところもあり、バイカーが多いです。サイクリストも多いですね。そして、白バイがやたらと走っております。サイレンもやたらときこえますね。要注意です。

駐車場は結構混んでます。というのも、この並びにドラッグストアがあり、駐車場がそこと兼用であるからでしょう。

Jp0455

<キッチンカー>PowerShot

ここで食べ物を買って休憩所で食べるのもいいのですが。

Jp0450

<食堂へ>PowerShot

こちらにしますか。

Jp0460

<恵水キッチン>PowerShot

非常に小さな食堂です。メニューは少なめ。食券を購入して呼ばれるのを待ちます。休憩所でこちらで注文したものを持ち込むこともできますね。

Jp0456

<豚丼>PowerShot

頼んだのはこちら。豚丼の小ですね。800円です。ちなみに大は1200円くらいになります。

Jp0457

<味噌汁>PowerShot

薄味です。具は油揚げとキャベツですね。

Jp0458

<豚丼>PowerShot

味は期待してなかったのですが、美味しいです。使用する豚肉は恵水(めぐみ)ポークといい、清川村特産のものだそうです。

豚肉は脂身が少なく焼き加減もいいです。そして、タレを絡ませて焼いているのでしょうが、タレも濃くなくいい味を出していました。下のごはんにもタレが絡んでますね。

これはいい。ちなみに、値段はよく変わるようです。

Jp0471

<宮ケ瀬ダム>PowerShot

食後は宮ケ瀬ダムへ。以前、一度来たことがあるのですが、その時とは全然印象が異なりますね。

Jp0463

<ここにも>PowerShot

駐車場付近にはお食事処も多数。結構にぎわってました。ここでも恵水ポークをプッシュしてました。

Jp0474

<宮ケ瀬湖>PowerShot

小さな遊覧船も出ているようです。子供の遊び場もあります。この辺りはドウダンツツジが咲き誇るようで、5月あたりの晴れた日は気持ちよさそう。

Jp0477

<春間近>PowerShot

早咲きの桜だそうです。道の駅でも咲いてました。

この日、夕方からの会合があって1時間弱で泣く泣く帰ることになりました。ちなみに、駐車料金は30分まで無料。3時間300円です。

道の駅清川

宮ケ瀬湖


国内ランキング


B級グルメランキング 


カメラランキング

| | | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

地下鉄博物館@葛西

2022年1月9日(日)

Yam1262

<レカのアート>PowerShot

カフェ&印度家庭料理レカを後にし、向かったのは東京メトロがやっている地下鉄博物館です。

Yam1266

<懐かしの自動改札>PowerShot

こちら、東京メトロの葛西駅に隣接する博物館です。入場料220円で、懐かしの紙に印刷された切符が出てきます。ま、それは今でもやっていることなんだけど。

それを旧式の自動改札に通して入場です。SUICAやPASMOをタッチしてそのまま入場はできません。入場券用の券売機ではSUICAやPASMOは使えますけど。

Yam1267

<営団300系電車>PowerShot

♪俺が昔…夕焼けだったころ…じゃなくて、東京メトロが営団地下鉄と名乗っていたころの丸ノ内線の車両です。

なお、東京メトロも通称で「東京地下鉄」が正式名称だそうです。営団地下鉄も略称で「帝都高速度交通営団」が正式名称ですね。こちら、利用者でも知らないんじゃないすかね。

Yam1270

<丸の内線内部>PowerShot

赤い車体に白いライン、丸ノ内線の車両は通勤通学で使うこともありませんが、馴染みではありました。それは、お茶の水に通っていたことがあったので、神田川を渡るこの車両をよく見かけていたからでもあります。

Yam1271

<運転席>PowerShot

これは一部の「金矢」の人は萌えるでしょうね。

Yam1268

<東京地下鉄道1000系電車>PowerShot

丸ノ内線の電車と並ぶのは1927年に上野ー浅草間を走った電車です。現在の銀座線に当たりますね。

Yam1272

<レトロ電車>PowerShot

サボが右書き。この車両は重要文化財とのことで、中には入れません

Yam1279

<ジオラマ>PowerShot

窓越しに覗いたものです。

Yam1275

<当時の自動改札>PowerShot

硬貨を投入すると通ることのできる、当時としては先進的な改札です。マレーシアのバタワースとジョージタウン間のフェリーは今でもこのスタイルですが。

Yam1290

<東京高速鉄道100形電車>PowerShot

東京高速鉄道というのはやはり現在の銀座線で、渋谷ー新橋間を建設・運営していたとのことです。こちらの製造は1937年とのこと。

Yam1293

<営団01系電車>PowerShot

ぐっと近代化してきました。やはり銀座線の車両です。それでも、2017年に新世代の車両にすべて置き換わったとのことです。

Yam1288

<単線シールドトンネル>PowerShot

その他の展示物としてこのようなものも。こうしてみると、東京地下鉄のトンネルはかなり大きめに作ってありますね。

ロンドンの地下鉄はぐっと小さくなります。パリのメトロもでかくありません。

その他、地下鉄クイズのコーナーや世界の地下鉄(展示はなし)の紹介なども。バンコクのMRTなども当然触れられておりました。

 

ビデオをちょっとだけ回しただけですが、画像をはめ込んで1本の動画に仕立ててみました。まあ、まだ試行段階なのでこんなもんすよ。

TOKYO METRO MUSIUN 地下鉄博物館

これで、手持ちのネタはすべて吐き出しました。次回からは昔の旅からなんとかエピソードを引っ張り出すことになります。


国内ランキング 


カメラランキング

| | | コメント (5)

より以前の記事一覧