カテゴリー「Food」の690件の記事

2021年7月30日 (金)

蔵出し、今はなきタイ料理屋

Yam382

<ワットパクナム日本別院>OMD10/ED14-42*画像は後日のものです

もう6年前の寒い日、ヤムの会でここに行ってきたでございます。

Yam60

<見覚えのある坊さん>GR DIGITAL

あれ?右の坊さん、タイフェスにいましたわ。

左の人物は別にモザイクをかける必要もないんですが、当時はそんなに顔出ししていなかったような気も。

ここに来る前に、食事をしてきました。

Yam52

<ここです>GR DIGITAL

某街道沿いにあるクワァリンターンという店です。場所が不明なんですが、いったん高速を降りて立ち寄りました。酒々井か佐倉のあたりでしょうか。

用意周到なスクムビットさんが予約したところです。でも、今はつぶれてしまったみたいで。

Yam45

<メニュー>GR DIGITAL

2品で1000円というのを頼み、シェアしました。あとは単品をいくつか。

Yam46

<カイヤッサイ>GR DIGITAL

カイチアオと異なるタイのオムレツですかね。シンプルに美味いです。唐辛子はほとんど使われてません。

Yam48

<ガパオムーサップ>GR DIGITAL

よく見ると、ご飯もタイ米ですね。目玉焼きは付けなかったんですね。

Yam49

<センレックナーム>GR DIGITAL

写真には撮ったものの実際には食してないという1品。

Yam50

<コームーヤーン>GR DIGITAL

豚の喉肉をどのように調達したのか不明です。でも、これはやっぱり美味しいです。でも、ビールを頼んでないんですよね。

Yam51

<サイクロックイサーン>GR DIGITAL

めちゃくちゃ美味しいというわけではありませんでしたが、やっぱり月イチくらいで食べたいですよね。

今年、カンボジア料理は頂きましたが、タイ料理食べてないです。

次はいつ?

| | | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

リバプールでイタリアン

Fe1707_20210719232101

<レノン像>K-7/DA16-50mm

7年前のリバプールです。

初めて訪れたのは2000年。全体的にくすんだような色合いの都市で、4人の「カブトムシ」がここから輩出しなければ絶対に訪れなかったと思われるところですね。

しかも、雨が降り寒くて、それでも歩く人たちは決して傘を差さず、パーカーのフードを被って行き来するようなところでした。

当時、外食事情はインド料理か中華に頼るばかりでした。ま、イギリスで安い料理となるとパブになり、それが嫌なら選択肢はどうしてもそうなります。

14年後、また来てしまいました。その間にイギリスの経済は著しく発展し、デフレが身についている日本人にはものすごい物価高に感じられました。とはいえ、街中の事情はハード面はそれほど変化なしです。雨が降っていたら以前と同じようなものだったでしょう。食事事情も同様です。

Fe1663

<ワイン>GR DIGITAL

2014年のリバプール1泊目。ホテルに荷を置き、食事を取れる店を探します。

やはり目立つのは中華かインド料理。ドーバーでイングランド料理の店を見つけ、味にはまったく期待しなかったものの、別の料理があるんじゃないかと駅方面に歩いておりました。

ところが、雨が降ってきました。そろそろ決めないと。

リバプール・ライムストリート駅近くにイタリア料理のレストランがありました。Belliniというイタリア語の名前ですね。以前はこういう店はまずなかったです。ここにしますか。

何はなくともワイン。Pasquaというブランド、近頃大型スーパーでも見かけます。ただ、ラベル形状が違っていて格上のタイプかも。375mlというハーフボトルです。イギリスのヤード・ポンド法では飲み物はパイントが単位となりますが、ほぼ輸入ものなのでメートル法の表示ですね。

Fe1666

<カプレーゼ>GR DIGITAL

単にトマトとモッツァレラを薄く切ってオリーブ油を垂らしただけの一品です。

だいたい、トマトがフレッシュかつ熟していないと駄目な料理なんですが、合格でした。

イギリスでもトマトは作っていますが、サラダにすることはせず、軽くソテーした「フライドトマト」を朝食で出します。かえって酸味が強調されるんですけどね。

トマトは輸入物かも。とはいえ、当時EU圏内でしたから関税はかからず、ワインだって安く手に入ったのでしょうね。

Fe1667

<第二皿>GR DIGITAL

こちら、鶏肉とポルチーニをクリームソースで仕上げたもの。これは期待以上に美味かったです。

やるじゃないか。

Fe1662

<グリッシーニ>GR DIGITAL

イギリス以外の国では食卓にはかごに入ったパンが置かれていますが、パンは別会計。頼まなくてはなりません。結局注文を忘れ、パン代わりに置かれていたグリッシーニで腹を満たすことに。

グリッシーニはイタリアでもテーブルに置かれている店が多いです。原料は小麦だからパン代わりといえばそれまでですが。味は太めのプリッツですね。

パンは残念ですが、イギリスでおいしいイタリアンを頂けるとは。

その後、ロンドンに移動しましたが、イタリアンレストランはかなりありました。美食を追求するイギリス人も出現してきたようです。

また、近年ではイギリスでワインも作っているんだそうです。

Fe1909

<ギネス>GR DIGITAL

その後、ホテルのすぐそばにあるVernon Armsというパブでお口直しをしました。

ところで、イギリス、コロナ対策をやめるようです。ワクチン接種が進んでいるからだそうで。マスク着用もソーシャルディスタンスもいらんのだと。「これをやれるのは今しかない」からだそうです。コロナも普通の病気になってきたってことですか。入院者は日本よりも少ないみたいですけど。

| | | コメント (2)

2021年7月17日 (土)

ジャイナ教の夜

Yam1037

<手形>GR DIGITAL

6年ほど前の話です。

ヤムの会の宗教担当、kimcafeさんからのお誘いにより、ジャイナ教寺院を見学後、ジャイナ教に基づく料理を食べるという企画に参加しました。

Yam1026

<祭壇>GR DIGITAL

集合は御徒町でした。年の瀬で街が賑わっております。今は昔でものすごい前のような気もしますね。そして、冷え込んでいました。

駅からすぐの雑居ビルに入るとそこはジャイナ教の祈祷所となっていました。

Yam1028

<説明>GR DIGITAL

祈祷所の説明は森山さんが通訳してくれました。森山さんはNPO法人南アジア文化協会からやってきていますが、本業はタブラ奏者です。

Yam1038

<祭壇前に置かれたもの>GR DIGITAL

ここで火が点けられました。儀式の開始です。

 

なんで御徒町にジャイナ教のこのような施設があるかというと、ジャイナ教は殺生を禁じられているため商業を生業とした者が多く、商才にたけているため来日したジャイナ教徒はこの界隈で貴金属や宝石などを扱う人が多いからだそうです。

Yam1036

<ご本尊>GR DIGITAL

そういや金属をたくさん使っていて、キラキラしてます。

Yam1041

<Vege Herb Saga>GR DIGITAL

その後こちらに移動です。

Yam1042

<店主ご挨拶>GR DIGITAL

こちら、表の看板には「ジャイナ教」などとは謳っておりません。

ジャイナ教は殺生を禁じられていますから、農業ができません。屠殺もできませんから、ピュアベジタリアンとなります。

といって、ベジならなんでも大丈夫かというと、地中で育つ植物は根につく虫を殺す可能性があるので食べられません。また、ナスのへたなどにも虫がいるためこれまた不可です。厳しいんですよね。

Yam1046

<一見ベジターリー>GR DIGITAL

来ました。カレー2種とプラオ、サラダにロティ類です。

Yam1043

<スープ>GR DIGITAL

パパドも付きます。

南インド仕込みの華麗なる手食いのテクニックもお見せしたかったのですが、カトラリーも用意され、インドの方もそれを利用していらしたので従いました。

Yam1048

<アチャール>GR DIGITAL

こちらは大皿に追加されました。

テーブルを囲んだ相手が面白かったですね。ひとりはタブラ奏者の森山さん。インド大使館の話もするのでそこで働いているものと思っていました。

もうひとりは東洋大学の大学院生で森山さんのお手伝い担当でした。この人が、ジャイナ教に関わりのある写真をたくさん携えてきていたんです。その若さでどんだけインド行ってんだ?通算滞在日数は?すごく気になりました。

Yam1055

<食後の飲み物>GR DIGITAL

コーヒーだったかチャイだったか?

ともかく東洋大の人物は昨今すごいと思います。陸上100メートルで日本人初の10秒台突破のあの人や、ロンドン五輪で金を取り、プロでは世界王者となったあの人。平成の若者に昭和の世界を紹介したり漫画で頑張るあの人とかね。

いつかはインドでジャイナ教に触れてみたいですわ。

| | | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

道志みち

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.30

緊急事態宣言がようやく解除されました。

Jp0335

<道志川>PowerShot

とはいえ、梅雨という時期で天気が悪い。現在少しばかり関わっていることでやたら連絡があり、なかなか自由に時間を使えない。

などなど、ワタクシに降りかかる悪条件を少しでも排除できる半日を使い、Touch and Goみたいな感じで出かけてきました。

行先は「道の駅どうし」でございます。

山梨県の山中湖村に隣接する道志村。ですが、自分の居住地からは相模原市を抜けると次の自治体となります。普通は中央道などを使うのでしょうが、国道413号線、通称「道志みち」を使って往復です。それでも片道50kmくらいありますね。

Jp0345

<到着>PowerShot

約1時間半で到着しました。

道志みちですが、津久井湖、相模湖の近くを通るものの湖面はまるで見えません。あとはひたすらくねくねの山道となります。こういう道はバイクのライダーにとって絶好のツーリングコースとなり、バイクが多いです。

ただ、昔よりは路面が全面舗装(かつては一部未舗装)され、道幅も広くなっておりました。ま、数か所狭いところがあり、工事箇所もありました。道の難易度としては中級ですかね。

Jp0333

<キャラ>PowerShot

どこでもマスクをしてますよね。

Jp0342

<手作りきっちん>PowerShot

昼食を食べていきましょうか。

道志村はクレソンの生産が日本一だとか。昨年入手した情報ではここに「クレソンつけ麺」というものがあるとのことでした。クレソンを練りこんだ麺で、緑色をしている麺です。

自動券売機で食券を購入します。ああ?クレソンつけ麺ないじゃねーか。

Jp0336

<ふるさと山菜そば>PowerShot

仕方ないのでこれにします。700円也。

ここの食券システムですが、食券に番号が刻印されていて、食券をいちいち窓口に持っていかなくてもよいのです。出来上がると番号がアナウンスされて注文品が出てくると。

でも、そんなことは知らない人が大半ですから、ほぼすべての人が窓口に向かい「お呼びしますので食券はそのままお持ちください」といわれる羽目になります。もっときっちり明記してあるといいのに。

Jp0337

<山菜入り>PowerShot

七味をオーダーごとにつけてくれるのはいいですね。

ゼンマイ、ワラビなどの他にシメジとニンジンの細切りが入ってます。そして、中央にあるのはクレソンでした。

Jp0339

<リフトアップ>PowerShot

蕎麦にクレソンですが、意外に違和感がないです。クレソンの和名はオランダガラシというように、普通はピリッとした辛みがあるようなんですが、感じませんでした。

ま、蕎麦としては普通ですかね。ちょっとクレソンにこだわりすぎた感もあるのでこの料理になりましたが、ざるそば(クレソンなし)でもよかったかな。クレソン入りのサラダがあるので、そのセットのほうがいいかも。

Jp0344

<スタンプ>PowerShot

こちらをゲット。でも、2種類のスタンプが置いてあります。もう一つは余白のページに押しました。

さ、帰ろ。

もうちょっと時間的余裕があれば、富士五湖まで出てあと数個のスタンプハンティングができたのですが、そのまま元の道を戻りました。

平日、時間が自由になるはずだったのですがね。しょうがないので土日を十二分に有効活用したいと思います。

と、思ったら4度目の緊急事態宣言かよ。

| | | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

高速ラーメン@酒々井

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.29

Cidc152

<酒々井PA>PowerShot

4月のショートトリップの帰り、東関東自動車道に乗り自宅へ向かいます。成田からほどなく、酒々井PAで遅い昼食です。

ここは上り線です。成田空港への往復時に酒々井で休むことが多かったですね。ということで、まあまあ知っているところですが、下り線はリニューアルされていて店が一新されておりました。

Cidc153

<リニューアル>PowerShot

内部はこんなに奇麗になってました。これまでは食券の食堂みたいなレストランがひとつ入るだけでしたが、ご飯もの、そば・うどん、ラーメンと専門店ができていました。

さて、どれにするか。

Cidc154

<北海道味噌ラーメン>PowerShot

滝野商店というところがやっているラーメンショップです。

食券を購入後、窓口で呼び出しの機械と交換し順番を待ちます。席も充分にあるのでどこで待っても大丈夫ですね。

Cidc155

<シンプル麺>PowerShot

味噌ラーメンの一番安いやつです。800円。

もやし、コーン、肉みそだけという潔さ。

チャーシューが入ると名称が変更されやや値段が上がります。

Cidc156

<リフトアップ>PowerShot

とはいえ、これはなかなか美味いです。

なんだろう、これまでのサービスエリアで食べるモノとは全然違いますね。普通に駅前で店を出しても「美味い」と評判になる味ですね。

ま、値段が800円ですからね。

とにかく、最近のサービスエリアは進化が著しいです。食事に関してもこんな感じで専門化、細分化されています。

やりすぎと思うのは地域とあまり関係なく、肉類と鮮魚を扱った高額な料理も出てきていることですかね。ご飯の上に肉か鮮魚をこれでもかと盛って、生卵をのせる2000円もするような一品を誰が頼むのか。それだったら、それなりの店に行きますね。

海老名SAのトイレなども便座に体調を計るセンサーがついていているとかやりすぎじゃないかと。

| | | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

日米バーガー比較

Hw0913

<ハワイ>KP/DA21mm

ハワイでかなり美味いハンバーガーを食べたのですが、日本にも出店していて緊急事態宣言が明けたら食べに行ってみようと思っておりました。

ですが、いい機会でもありますので、日本のハンバーガーとも比較してみようかと思い、連日ではありましたが食べ比べてみました。

まずは日本編。

Jp0315

<MOS BURGER>PowerShot

古淵にあるニトリモール内のMOS BURGERです。モスバーガーのモスって「苔」じゃなかったんすね。

Jp0309

<フードコート>PowerShot

ここは400席あるとのことです。これならいつ行っても問題ないですね。

ちなみに、ここも県境を越えるんですけど電話局番も一緒だし、同じ生活圏だと思うことにして自己判断でしょっちゅう買い物に行っておりました。

Jp0310

<呼び出し機>PowerShot

ここは「はなまるうどん」以外はこの機械で呼び出すことになってます。無料の飲料水もあるから、ドリンク類は売れ行きが悪いと思います。

Jp0311

<モスバーガー>PowerShot

呼び出しがあり、受け取りに行くと、こんな籠に入って登場です。ちなみに、McDonald、Burger King、ロッテリアくらいまでは食べたことがあるんですが、モスは盲点でした。

第一に地元に店舗がほぼない。チェーン店のハンバーガーは好んで食べるもんじゃないという理由ですね。

そんな中で、モスバーガーは誰もが美味いといいます。果たしてそれはどうなのか?

Jp0313

<開いてみた>PowerShot

頼んだものは定番ともいえる「モスバーガー」でした。結構な厚みがあります。

ちなみに、MOSとは、「Mountain」「Ocean」「Sun」なんだそうで。

で、モスバーガーですが、バンズとパティ以外はトマト、ミートソース、刻みタマネギ、カロリーハーフマヨネーズ、アメリカンマスタードが入っているようです。

画像では白く見えるのがマヨネーズですね。

やっぱり食べてみるとなかなか美味いです。マクドのハンバーガーはケチャップ、ピクルス、マスタードくらいで薄っぺらです。ただし、単品110円と驚異的な価格ですけど(もしかしたらGDPが日本より低いタイのマクドナルドのほうが高いのでは)。

このモスバーガーが単品390円。マクドの3倍以上の値段ですが、マクドのバーガー3個食べるか、モスを1個食べるかといわれると、やっぱりモスに軍配は上がりますね。

個人的には昼だったらこれひとつで十分です。ナゲットもポテトもいらんですわ。

続いてアメリカ編。

Jp0317

<外観>Sharp SW001SH

こちら、横浜市都筑区にあるノースポートモールという商業施設です。ここに、ハワイで「美味い」と感じた「Teddy's Bigger Burger」が出店しております。

ちょうど1階にありまして、表からも入れそうですがドアはダミーですね。

Jp0318

<かなり値引き>Sharp SW001SH

Jp0319

<ここも呼び出し機>Sharp SW001SH

こちら、「お席を決めになりましたらこちらでご注文ください」とのことです。昼にちょっと早かったですが、ガラガラです。オーダーするとまたもや機械を渡されます。

そして、ドリンクバーが無料。アメリカ人の大好きなコークだけじゃなくていろいろありました。コーヒーやカフェオレ、カプチーノもあります。ただし、グラスはオーダー後に渡されます。

Jp0321

<来ました>Sharp SW001SH

こちらは籠ではなくて皿にのっております。頼んだものは最もリーズナブルな「プレミアムビーフバーガー」ですね。

テーブル上のハインツのケチャップとマスタードがアメリカだわ。

Jp0322

<旗が立つ>Sharp SW001SH

ハワイのハレイワでもバーガーは厚みがあったので楊枝が刺さっていました。旗に代えているのは日本仕様でしょうか。

右手の包装紙はこれでバーガーを包んで食べろとのこと。あちらは新聞紙に見えるような包装紙でしたけど。

Jp0324

<プレミアムビーフバーガー>Sharp SW001SH

こちらモスよりも厚みがあります。特にパティが厚いですね。挟んでいるものはレタス、トマト、タマネギ、大量のマスタードとなります。ケチャップは自分で卓上のものを好みでかけろということですかね。

こちら、パティをダブル、トリプルにできます。もちろん課金されますが。

ハワイの場合は「Big」「Bigger」「Biggest」となり、バンズもそれなりにでかくなったと記憶してます。単純なBigでも単体はこのサイズより大きかったと思います。ま、あちらの人とは胃袋のサイズも違いますからね。

包装紙で包んで食べるのは、このマスタードがどんなに注意しても溢れてしまうからですかね。パティもジューシーです。

こちら、税込み759円でした。ま、ドリンクバーが使えると思えば。

これなら、たまに食べてもいいかな。ちなみに、店舗ごとに値段やメニュー構成が違います。この港北ノースポートモール店が最もリーズナブルかな。

Teddy's Bigger Burgers

Jp0325

<接種券>Sharp SW001SH

こんなん来ましたけど。でも、予約はだいぶ先になりました。

| | | コメント (2)

2021年6月11日 (金)

幸楽苑のロボットデリバリー

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.28

Su191

<幸楽苑>PowerShot

ご近所でランチ。

対面通行ながらなぜか外食産業の店が連なる町田街道にある店です。駐車場も広めなので使いやすいです。

Su179

<タブレット注文>Sharp SW001SH

店内はそんなに広くありませんが、4~6名用テーブルと、一人用にアクリル板で仕切られた席が混在してます。当然一人用の席に着きますが、かなり狭いです。

ファミレスからタブレットのオーダーは始まったのでしょうか。幸楽苑もそうでした。これがあると店員数を減らせるんですよね。コスト削減というわけです。

Su181

<減塩中華そば>Sharp SW001SH

さて、タブレット注文、ワクチン接種の予約取りと同じでやっぱりできない人はいるでしょうね。でも、テーブルに店員の呼び出しボタンがあるので、結局は人を介して注文ということになりますか。

ちなみに、水もセルフでございます。

Su184

<具は同じ>Sharp SW001SH

具の構成はチャーシュー、メンマ、ナルトに刻みネギです。

Su183

<リフトアップ>Sharp SW001SH

いつものお約束ですが、スマホによる左手撮影です。カメラと違ってなかなかに難しい。

Su205

<味噌らーめん>Sharp SW001SH

こちらは後日のもの。具は同じです。なんかスマホですとスープの色があまり変わらないんだけど、確実に味噌味です。

Su206

<またもやリフトアップ>Sharp SW001SH

こちら「中華そば」のスープを変えると平仮名の「らーめん」表記になるんですね。

バンコクの「らあめん亭」を思い出してしまったじゃないか。あ、でもあちらは伸ばさずに「らあめん」なのか。

ちなみに減塩メニューは醤油には対応してますが、味噌と塩には対応してません。どの程度のカロリー減になるかは不明ですが、やっぱり減塩じゃないほうが美味いです。

メニューはトッピングを増やしたり、「プレミアム」などのこだわったものを除けば、440円と非常にリーズナブルです。これも、タブレットのおかげだよな。

Su180

<デリバリーロボット>Sharp SW001SH

そして人件費節約に一役買っているのがこれです。

といっても1台しかないんですけどね。2回入って1回自分のところに運びに来たですよ。

これがしゃべったりするんですよね。配達中に「わたしの写真を撮ってSNSにあげてね」とかね。「受け取ったら頭をなでなでしてね」とかね。ま、頭を触らないと、いつまでもそこにいることになりますが。

ちなみにですが、幸楽苑のCMに「どこかで見たことのあるタレント」が出演していると思ったら、きゃりーぱみゅぱみゅでした。ロボットの声もきゃりーで出せばもっと話題になるんじゃね?

| | | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

アンコールトム@町田

Cv0705

<バイヨン>K-7/DA50-200mm

バイヨン、いわゆる「アンコールトム」ですが、最後に訪れたのは5年前の2016年。当然、ここの話ではございません。

Yam986

<店内>PowerShot

明るい店です。ビルの3階にあり西側の窓から光が差し込む作りですね。

現在ほぼ活動休止中のヤムの会ですが、極秘の会議がありまして(ウソです)、幹部で集まりました。

ま、ワタクシの地元なんですが、エスニック系の料理を昼間から出す店は3つありまして、では久しぶりにクメール料理だなということでやってまいりました。カンボジア王宮料理アンコールトムでございます。

Yam987

<ランチメニュー>PowerShot

この6種類から選びましょうか。ランチ、960円ですがこれが一番安いです。

Yam989

<スープとサラダ>PowerShot

王宮料理ということからでしょうか。スープとサラダが先に来ます。

Yam990

<スープ>PowerShot

塩分控えめなスープです。控え目ですがちょうどいい感じ。

Yam991

<サラダ>PowerShot

上にかかっているのは何でしょうね。あらかじめドレッシングがかかっていて違和感なく食べられますね。

Yam992

<セット>PowerShot

ランチセットはスープとサラダが必ず付きます。あと、食後のデザートも。

Yam993

<コーサイチュルック>PowerShot

メインはこれです。コーサイチュルック。豚肉とゆで卵の魚醤煮込みです。奇しくも対面の主賓も同じものをオーダーしておりました。

Yam995

<美味し>PowerShot

この豚肉がほろほろで、スプーンやフォークでスーッと切れます。

この秘密(でもないけど)は魚醤のトゥックトレイにあるかもしれません。具を魚(ナマズあたり)に代えても旨味が出ますね。

ベトナム料理にも呼び名は異なりますがヌクマムを使った煮込みがあって、これまた美味いです。おかずの定番ですかね。

Yam1000

<壁の飾り>PowerShot

これはアンコール遺跡の拓本でしょうか。アンコール遺跡また行きたいですね。

Yam997

<デザート>PowerShot

ココナッツと卵のデザート。そんなに甘くないし、これもまたいいですね。

結局メインのコーサイチュルックは完食できず。でも、いいんです。とにかく、ここアンコールトムは満足できますよ。

Yam1001

<食後の一服>PowerShot

こちらも頼んでしまいました。ランチ時にドリンクは100円プラスで頼むことができます。

お勘定はコーヒーを入れて1078円(税込み)でございました。お得感あると思います。

カンボジア王宮料理アンコールトム

Yam1005

<仲見世通りの気になる店>PowerShot

その後、こんなところを見つけました。作りがいかにもタイっぽい。でも、テーブルクロスにはドラえもんの柄を入れておいてほしいです。

次はここでオフしますか。

| | | コメント (4)

2021年6月 3日 (木)

ご近所ラーメン

今日の立ち食い蕎麦・うどんVol.27

Su200

<万寿園>PowerShot

自宅から徒歩10分程度の店です。

駅近でもなんでもなく、アクセスはバス。高度成長期にできたマンモス団地にある商店街です。あの時から約半世紀です。

早い話が若年層が少なく、平日の昼間などは平均年齢がものすごく高いです。ま、そんなところですが、一度も店が閉まることなく続いているところです。これは何かあるでしょう。

Su119

<ラーメン>Sharp SW001SH

本日食べるのはラーメンです。

団地の店ですが、典型的な町中華ですね。ラーメンにもいくつか種類があり、醤油、味噌、塩とあり、そちらから外れた形のいわゆる昔ながらのラーメンがこちら。

Su198

<生ニンニク投入>PowerShot

具はナルト、わかめ、ウズラの卵、メンマ、チャーシューです。

スープは醤油ベースですが、別にある「醤油ラーメン」のスープとは全く違いますね。

その違いをなんと表現していいのか。この店の麺類はほぼ食べたことがあるんですが、記憶が消えかけてますね。いずれ食べることにしましょう。

Su199

<リフトアップ>PowerShot

ここでラーメンを食べたのは数年ぶりだったのですが、スープが美味いのと立ち上る香りがいいなと思いました。

麺の味もいうことなし。

このラーメン、具沢山なんですが、チャーシューとメンマは単独で齧り、次に麺も一緒に食べ、最後に全部一緒に食べるなど自分で味変を楽しんでおります。

ラーメン、800円。こういうところで個人の店だとどうしても単価が高くなります。でも、美味いです。

ホームページはないのですけど。これからここのメニューをひとつずつ制覇していこうかなと思います。

| | | コメント (2)

2021年5月31日 (月)

麹町アジャンタ

Yam1008

<店の外観>GR DIGITAL

2015年の9月と6年前の話です。

Ck0475

<ティルバンナマライ>K-7/DA16-50mm

この年の夏、タミルナドゥ州とケララ州を約3週間旅しました。その仕上げというわけではありませんが、ヤムの会として、麹町のインド料理レストラン、アジャンタで食事会がありました。

Yam1010

<ヤムの会>GR DIGITAL

この日は9名が参加です。こうした大人数の集まりはタイフェスティバルくらいですかね。

Yam1012

<キングフィッシャー>GR DIGITAL

日本のインド料理レストランですから、きっちりビールがあります。キングフィッシャー、日本でも美味いです。ですが、2本目からはプレミアムモルツにしました。

Yam1014

<ケバブセット>GR DIGITAL

この日はコース料理と飲み物を別にオーダーするやり方だったのですかね。現在のアジャンタのコースを見ると結構値段が上がっております。それほど払ったという記憶がないので、内容は変わっていると思います。

Yam1013

<パコラセット>GR DIGITAL

パコラとはインド版天ぷらです。アジャンタはインド料理でも特に菜食というわけではないので、肉と魚もあります。

Yam1015

<チャトニ>GR DIGITAL

これがあると、インドという感じがしますね。

Yam1016

<巨大ドーサ>GR DIGITAL

こんなにでかいドーサはインドでもないでしょう。人数分に合わせての特注でしょうか。

ほとんど記憶も薄れかけているのですが、中にはカレー味のジャガイモの入った、いわゆる「マサラドーサ」ですね。大きすぎて中の具の重みでひしゃげてしまってます。生地も薄く、「ペーパードーサ」という呼ばれ方もしますね。

Yam1018

<カレー三種>GR DIGITAL

上から時計回りに野菜カレー、マトンカレー、チキンカレーです。

この時、ライスを頼むとかロティ類が出てきた記憶がないので、それぞれカレーを分け合って頂いたようです。

Yam1017

<イドゥリ>GR DIGITAL

南インドのティファンの話になり、アジャンタで出しているイドゥリを頼むことにしました。

イドゥリとはウラッド豆と米を挽いて、水に浸しペースト状にしたものを固めて蒸しパン状にしたものです。ペーストにする段階で発酵が進むのでやや酸味があります。

南インドではなくてはならない朝食の定番ですが、ほとんどを未体験の人たちに味わってもらいました。評判はいまいちだったです。イドゥリ単体では酸味しか感じられないので仕方ないでしょうか。いくつかのチャトニとサンバルというカレーがあるとよかったのですが。

それにしても、このイドゥリ、3つで1600円って、高すぎでしょ。カレーもつけてね。でも、現在のアジャンタのネット上のメニューにはありませんね。

Yam1019

<引っ張るチャイの実演>GR DIGITAL

店員さんの実演です。これを9名分作るので大変で、しかもほぼ全員ブロガーですからカメラが多方向から狙っているんですよね。緊張するわ。

ところで、この店員さん、南インドとは関係ないネパール出身でした。

 

ついでに映像も撮ってきたので、どうぞ。前に使っていたカメラなので、画角が狭いです。それに映像が荒いことをお断りしておきます。

この時以来、アジャンタには行ってないんですけどね。

| | | コメント (4)

より以前の記事一覧